トップへ » 理事長紹介・経歴 » 最新の院内設備 » インプラントのための新機器 バイオマテリアル

インプラントのための新機器 バイオマテリアル

バイオマテリアル

米国UCLAとUV技術特許ライセンス契約
光研究及び光応用技術を使ったインプラントのための新機器「バイオマテリアル」

日本でまだ少数医院のみの「バイオマテリアル」導入クリニック

インプラントも年を取ることを知っていますか?

インプラント治療に使われるチタンやチタン合金は、これまで錆びたり劣化したりせず、骨と強固に接着する機能は永続的であるとの前提を基に使われてきました。しかし、現在ではチタンも老化することがわかっています。インプラント手術では、顎(あご)の骨に埋入するチタン製インプラントと骨との接着力"骨接触率"が大変重要です。

チタン製インプラントの骨接触率は、インプラントが製造されてからの時間の経過に伴って減少し、1ヶ月経過後には約半分に低下していることが明らかとなっております。また、インプラントには製造年月日の記載がないため、新しい/古いといった判断が難しいという事実もあります。

この老化したチタン製インプラントの骨接触率を再度製造された直後の状態に戻す方法として、光研究及び光応用技術を使ったインプラントのための新機器「バイオマテリアル」(米国UCLAとUV技術特許ライセンス契約)が開発されました。

老化したインプラントの能力を最大限引き上げた"光バイオ処理済インプラント"は、骨接触率を通常62%から99.8%に引き上げる効果をもたらします。

現在ご自身のインプラントに不安がある方、インプラントの状態と歯茎の状態をチェックしたい方、昔インプラントをした方、まずは一度当院にご相談ください。

新機器「バイオマテリアル」で処理したインプラントの効果

a) インプラント成功率の向上。
b) 治癒期間の短縮が期待される。
c) インプラント治療の適応症例の拡大。
※従来、インプラントの埋入が困難とされていた方のケースも治療可能に。


トップへ » 理事長紹介・経歴 » 最新の院内設備 » インプラントのための新機器 バイオマテリアル


文字サイズ
を変更する