トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - ブロック同種移植(GBR)について

骨移植 - ブロック同種移植(GBR)について

もし、すぐに欠損した歯を置き換えなければ、周辺の骨は吸収や収縮を始めます。
重篤な骨吸収は、インプラントの埋入を不可能にします。
ブロック同種移植

骨を再建するためには、まず歯肉下の部分を治療しなければなりません。
ブロック同種移植

顎堤を修復し骨吸収前の元の状態にするために、代用骨の小さなブロックの形を整えます。
ブロックはしっかりと固定され、より自然な形状を作り出すように周辺部分はさらなる骨補填材で覆います。特殊膜を該当部分に被せ、治癒を促進させます。
※インプラント埋入と同時に行う場合もあります。

ブロック同種移植

このタイプの骨移植によって、重篤な骨吸収の症例に応用し、インプラントを成功させることができ、しっかりとした代替歯の恩恵を授かることができます。

ブロック同種移植
 


トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - ブロック同種移植(GBR)について


文字サイズ
を変更する