インプラントなら山手歯科クリニック YDCインプラント専用サイト

歯科コラム

東京、品川区の歯科医院「山手歯科クリニック」歯科コラム

チタンインプラントのメリット・デメリットとは?費用相場を比較!

インプラント治療に使われている素材は、人体に親和性が高いチタンです。

この記事ではチタンインプラントで治療をするメリットやデメリットを紹介します。

チタンインプラントの治療相場や主要メーカーについて解説するので、治療する際の参考としてください。

チタンインプラントで歯を治療しましょう!

 

<この記事で分かること>
・チタンインプラントはどんな施術?
・チタンインプラントのメリット・デメリットとは?
・チタンインプラントの費用相場はいくらぐらい?

 

チタンインプラントのメリット

インプラント チタン

インプラント治療は人工歯を顎骨に埋め込んで固定して自分のもののように使えるようにする施術です。

チタンは人体に馴染みやすい素材で、身体に負担をかけずに自然なかたちで人工の歯を埋め込める方法として注目を集めています。

 

チタンインプラントを行うメリットとして、以下4点が挙げられます。

<チタンインプラントのメリット>
・骨と結合して拒絶反応が少ない
・長持ちする
・軽い素材で加工しやすい

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

 

骨と結合して拒絶反応が少ない

チタンは骨と直接結合する性質があり、人体と親和性が高い素材です。

人体に使用しても拒絶反応が少ない素材とされています。

通常の金属は骨との結合が強くありません。

体内に異物が入ると体が拒絶反応を示してしまいます。

チタンは身体が異物として反応することが少ないため、アレルギーを起こす心配も少ないのがメリットです。

 

長持ちする

チタンは錆びづらく、長持ちする金属なのもメリットです。

チタンは酸素との結合力が高く、「酸化被膜」が張られていて酸化しづらい素材とされています。

酸化被膜とはチタンが空気に触れて酸化することによって形成される膜のことです。

長持ちするだけでなく、体液に触れても溶け出さないため、安全性も高くなっています。

 

軽い素材で加工しやすい

チタンは金属の中でも軽く、加工しやすい素材であるのもメリットです。

インプラントに使われるチタンは人の歯に合わせてフィットしやすいようになっています。

チタンはインプラント治療のみならず、医療のさまざまな場面によって活躍しています。

 

チタンインプラントのデメリット

インプラント チタン

チタンインプラントでは、料金面や材質面に注意しなければなりません。

チタンインプラントを行う際に注意したいデメリットとして、以下3点が挙げられます。

 

<チタンインプラントのデメリット>
・料金が高い
・金属アレルギーを起こす場合がある
・治療期間が長い

デメリットもそれぞれチェックしてみましょう。

 

料金が高い

チタンインプラントは料金が高いというデメリットがあります。

インプラントは健康保険の適用対象外です。

自由診療として治療費を全額自己負担しなければならない可能性が高いでしょう。

インプラント治療は最先端の医療であるため、設備費用や研究費用に費用がかかります。

また、インプラントに使われている素材が高額であるのもチタンインプラントの治療費が高額となる理由です。

ただし治療費が10万円以上になる場合、医療費控除の制度を使えるため確定申告等で節税対策ができます。

 

金属アレルギーを起こす場合がある

チタンは人体と親和性が高くアレルギー反応が少ない素材であるものの、金属アレルギーを起こす可能性があるのもデメリットです。

人によっては合わない可能性もあるでしょう。

金属アレルギーが起こるか不安な方は、治療の前にパッチテストを済ませておくと治療後の金属アレルギーリスクを軽減できます。

 

治療期間が長い

インプラントは治療期間が長いのもデメリットです。

インプラントの治療にはインプラントを埋め込むための手術が必要になります。

手術は1回だけ手術を行う方法と2回手術を行う方法のどちらかです。

2回手術を行う場合、治療が終わるまで半年かかる場合もあります。

 

チタンインプラントの費用相場

インプラント チタン

インプラント治療は一般的に30万円から40万円が費用相場とされています。

チタンインプラントは「メーカー」「インプラントの本数」「追加治療の種類」によって大きく異なります。

 

メーカー

インプラント治療はインプラントを製造するメーカーによって料金が異なります。

日本製または海外で実績のあるメーカーは料金が高くなりますが、安心して利用できるでしょう。

安いメーカーのインプラントを利用すると不具合が出るかもしれません。

インプラント選びは担当医師と相談のうえ慎重に行いましょう。

 

「純チタン」と「チタン合金」

インプラントの費用は使う素材でも変わります。

チタンなら使うのは「純チタン」か「チタン合金」です。

純チタンはチタンの純度が高く、他の金属が含まれていません。

一方、チタン合金はチタン以外の金属も含まれている素材です。

一般的にチタン合金は比較的料金が安めですが、チタン以外の金属も含まれているため安全性や耐久性に劣る場合があります。

 

インプラントの本数

インプラントを埋め込む本数によっても料金は変わります。

歯の本数によって多くのインプラント素材が必要です。

一部の歯を治療を治療する場合は歯の本数に応じて料金が変動し、1本あたり30万円から40万円ほどが目安となります。

全部の歯を治療する場合は200万円前後が目安です。

 

インプラントの形状

費用はインプラントの形状でも変わります。

インプラントの形状には様々な種類があります。

最も一般的なのは「スクリュータイプ」と呼ばれる形状です。

ネジのような形状をしており、らせん状の切れ込みが入っていて、ドリルで回転しながらインプラントを埋め込みます。

スクリュータイプは、固定しやすく安定性が高いという観点から選ばれることの多い形状です。

「シリンダータイプ」は円筒(シリンダー)の人工歯で、スクリュータイプとは違ってらせん状の切込みが入っていません。

「バスケットタイプ」は中心部に空洞が空いているタイプの形状です。

 

インプラントのタイプ

インプラントはタイプでも費用が変わります。

タイプは「ワンピースタイプ」と「ツーピースタイプ」の2種類です。

ワンピースタイプは人工歯根であるインプラントと連結装置(アパッチメント)が一体になっています。

施術が1回で済むため、料金が安くなるのがワンピースタイプのメリットです。

ツーピースタイプはインプラントと連結装置(アパッチメント)が分離しているタイプです。

施術を2回しなければなりませんが、歯並びに応じて最善のインプラントを選択できるため柔軟な施術対応ができます。

 

チタンインプラントのメーカー

インプラント チタン

チタンインプラントを行う際には、メーカー選びが重要です。

ここでは、国内外でインプラントを製造しているメーカーを紹介します。

・京セラ:FINESIA
・ストローマン社
・Zimmer Dental社
・デンツプライシロナ株式会社
・ノーベルバイオケア社

5つのメーカーについて概要を紹介します。

 

京セラ:FINESIA(ファインシア)

京セラは日本国内でインプラントの製造を行っているメーカーです。

1978年に日本初の国産インプラントを発表して以来、日本国内で多くの歯科医で採用されている実績があります。

京セラのFINESIA(ファインシア)シリーズは「ボーンレベルタイプ」「ティッシュレベルタイプ」「1ピースタイプ」と治療部位に合わせた治療が可能です。

・ボーンレベルタイプ:審美的要求の高い症例に適している
・ティッシュレベルタイプ:ペリオリスクの高い症例に適している
・1ピースタイプ:狭窄した部位やシンプルな補綴症例に適している

社名 京セラ株式会社(KYOCERA Corporation)
本社 〒612-8501 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
設立 1959年4月1日
資本金 115,703百万円
連結売上高 1,838,938百万円 (2022年3月期)
税引前利益 198,947百万円 (2022年3月期)
グループ会社数 299社 (京セラ(株)を含む)
グループ従業員数 83,001名 (持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く)

 

ストローマン社

ストローマン社は、スイスに本社を置く世界的にもトップクラスのシェアを誇るインプラントメーカーです。

ストローマン(ITI)は1974年に使用が開始されました。

ITI(International Team for Implantology)とは国際的なインプラント歯学に関する研究チームであり、ITIインプラントは他のインプラントメーカーにも大きな影響を与えています。

所在地 〒108-0014
東京都港区芝5-36-7 三田ベルジュビル6階
事業開始 2007年8月
資本金 4億9000万円
主要納品先 全国主要歯科医院、歯科技工所、歯科大学、総合病院歯科、口腔外科部門
事業内容 歯科用医療機器、用具の輸入販売、歯科医療に関する情報提供サービス、

歯科医療に関する技術トレーニングの開催、歯科用医療機器の修理業務 等

 

Zimmer Dental

アメリカのZimmer Dental社はスイスプラスというインプラントを製造しています。

スイスで開発されたITIインプラントのような形状です。

スイスを超えられるようにとスイスプラスの名前が付けられています。

会社名 ジンヴィ・ジャパン合同会社 (旧社名:ジンマー・バイオメット・デンタル合同会社)
英文社名 ZimVie Japan G.K.
代表者 職務執行者 黒澤 真幸
従業員数 173名(2022年3月現在)
事業内容 歯科インプラントおよび歯科用医療機器の輸入・製造・販売
脊椎外科用医療機器・器械の輸入・製造・販売
本社 〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ヶ谷ビル
TEL: 03-4333-9900(代表) FAX: 03-5228-5087

 

デンツプライシロナ株式会社

デンツプライシロナ株式会社は、アストラテックインプラントシステム EVを提供しているメーカーです。

生体親和性が高く、長期間安定して使用できる純チタンを製造しています。

商号 デンツプライシロナ株式会社 Dentsply Sirona K.K.
東京本社所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座八丁目21番1号 住友不動産汐留浜離宮ビル
設立 2017年1月
事業内容 歯科医療機器、歯科材料の輸入・製造・販売
およびサポートサービスの提供
従業員 600名(グループ全体15,000名)
取得薬事営業許可 ・第一種医薬品製造販売業
・第一種医療機器製造販売業

 

ノーベルバイオケア社

ノーベルバイオケア社はスウェーデンに本社のあるメーカーで、1965年に骨と結合するインプラントシステムを初めて製品展開したメーカーです。

ノーベルバイオケア社は歯科用インプラント診療技術の向上やインプラントビジネス拡大のためにインプラント技術の普及を進めています。

社名 ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
Nobel Biocare Japan K.K.
本社 所在地:〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35
御殿山トラストタワー13F
電話 03-6408-4182(代表)
物流倉庫 所在地:〒272-0004 千葉県市川市原木2526-25
近鉄エクスプレス 第4原木ターミナル内
ノーベル・バイオケア・ジャパン物流センター
グループ本社 Nobel Biocare Services AG(スイス)
URL https://www.nobelbiocare.com/
設立 1985年10月
代表取締役社長 坂野弘太郎
事業内容 修復歯科、審美歯科領域における歯科医療機器の開発、製造、及び販売
取扱商品 歯科用インプラントおよびインプラント治療製品

 

チタンインプラント治療で歯を治療しよう!

インプラント チタン

チタンを用いたインプラント治療は身体への負担が少ない方法です。

自然な仕上がりで審美性の高い歯の治療ができます。

チタンは人体との親和性が高い素材です。

特に純チタンで出来たインプラントは安全性や耐久性に優れ、自分の歯のように使えます。

インプラント治療はインプラントのメーカーによって使用感や料金が異なりますので確認が必要です。

日本国内で豊富な実績があるメーカーは、技術が優れています。

自分に合ったインプラント治療をするために、担当歯科医と相談してインプラント治療を行いましょう。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園) 理事長/齋藤和重

前歯のインプラントは失敗しやすい? 失敗例から見る注意点と対処法を解説

前歯のインプラントは失敗する可能性があることを知っていますか?

前歯のインプラントは他の部位よりも難しいので、症例の多い歯科医院を選ぶことが重要です。

知っておきたい失敗例や注意点・失敗を防ぐ方法・失敗した時の対処法などを紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

前歯のインプラントは難しい治療

前歯 インプラント 失敗

前歯のインプラントは、奥歯のインプラントと比べて難しい治療です。

その理由として、以下が挙げられます。

  • 治療の難易度が高い
  • 担当医師の技術力不足である

総じて、医師の技量によるものが大きいと言えます。

前歯のインプラント治療を受ける際は、実績のある歯科医院を選びましょう。

 

前歯のインプラントを受ける前に知っておきたい注意点

前歯 インプラント 失敗

前歯のインプラントを受ける前に、まず知っておきたい注意点があります。

何も知らないまま受けるのとでは、手術に臨む心構えが大きく違ってくるでしょう。

中でも気をつけたい注意点は以下3つです。

  • 理想と異なる仕上がりになる可能性がある
  • 歯茎が下がってしまう可能性がある
  • 仮歯が入る期間が約1~3ヶ月ある

それぞれについて解説します。

 

理想と異なる仕上がりになる可能性がある

前歯のインプラントは、理想と異なる可能性があります。

なぜならインプラントがオーダーメイドで1本1本作られているためです。

医師と患者の間で意思共有ができていないと、理想とは異なる仕上がりになってしまいます。

また、インプラントには被せ物が必要です。

写真と実際に装着するのとでは、見た目の印象が異なります。

事前のカウンセリングで、理想と現実の摺り合わせは必ず行っておきましょう。

 

歯茎が下がってしまう可能性がある

前歯のインプラントは、歯茎が下がってしまう可能性があります。

前歯の顎骨が奥歯と比べて薄いためです。

特に歯周病になっていると、歯茎が下がる問題が発生しやすくなります。

歯茎が下がると、埋め込んだインプラントが透けます。

結果、歯茎部分が黒く見えてしまうこともあるのです。

治療前に綿密な検査を受け、自身の骨の状態を把握しておきましょう。

治療を受ける歯科医院が、骨や歯茎を増やす治療法に対応しているかも確認しておくと良いでしょう。

 

仮歯が入る期間が約1~3ヶ月ある

インプラント治療では、仮歯が入る期間が約1~3ヶ月あります。

土台であるインプラントを埋め込んだ後、状態が安定するまで待つ必要があるためです。

ただし、この期間は個人差が大きく、一概には言えません。

人によってバラバラです。

事前に自身の状態を主治医に確認しておくと良いでしょう。

 

前歯のインプラントの失敗例

前歯 インプラント 失敗

前歯のインプラントは、他の部位と比べて難しい治療です。

当然ながら失敗する可能性もあります。

なるべくなら、どんな失敗があるか治療前に知っておきたいですよね。

代表的な失敗例には、以下の5つがあります。

  • インプラントを埋め込む位置がズレた
  • 骨造成を失敗した
  • インプラントが骨と結合しなかった
  • インプラント周囲炎を発症した
  • インプラントが破損した

失敗例もそれぞれ見ていきましょう。

 

インプラントを埋め込む位置がズレた

前歯のインプラントをする際、埋め込む位置がズレることにより失敗するケースがあります。

主に担当医の技量不足によって起こる失敗です。

ズレには様々なものがあり、以下の3つに分類されます。

  • 位置
  • 深さ
  • 角度

計画通りに埋め込めないと、インプラントや上部構造へかかる力のバランスが狂い、結果として噛み合わせがおかしくなるケースも確認されています。

インプラントを埋め込む位置は、非常に重要なのです。

ズレると失敗になる可能性が非常に高くなります。

 

骨造成を失敗した

骨造成の失敗によって、インプラントが失敗するケースもあります。

日本人の骨格的に、前歯への骨造成が難しいことが原因です。

ただし、骨造成は誰にでも行われる治療ではありません。

インプラントを埋め込むための骨の高さや幅が足りない場合にのみ行われます。

骨造成の難易度の高さから失敗し、結果的にインプラントの失敗へと繋がるのです。

 

インプラントが骨と結合しなかった

インプラントが骨と結合しなかったために、失敗となるケースもあります。

予定していた位置や深さでインプラントを埋め込まないと、うまく骨と結合できないのです。

同様に骨にドリルで穴を開ける際に起こるオーバーヒートも起こり得ます。

顎骨に余計なダメージを与えてしまい、インプラントと骨が結合しないケースもあるのです。

両者がうまく結合できないことで、失敗となります。

 

インプラント周囲炎を発症した

インプラント周囲炎を発症するケースもあります。

インプラントは歯根膜を持っていないため、細菌に弱く感染しやすいのです。

インプラント周囲の歯茎が歯周病になると、一気に進行することもあります。

毎日のセルフケアをサボると直面する失敗です。

  • 毎日の丁寧なブラッシング
  • 定期的に歯科医院へ通院

これらを守ることで予防できます。

インプラント周囲炎の発症は治療失敗に繋がるため、気をつけましょう。

 

インプラントが破損した

インプラントが破損してしまうケースもあります。

この場合、インプラントの素材か生活習慣が原因です。

  • インプラント体が丈夫でない
  • 噛む力にインプラントが耐えられない
  • アパットメントが緩んでいる
  • 硬い物を噛む癖がある
  • 硬い食べ物が好き
  • 歯ぎしりの癖がある
  • つい歯を食いしばってしまう

歯には想像以上の力がかかっています。

普段から歯に力のかかる生活をしていると、破損する可能性が高くなります。

インプラントが破損しないように、治療前に生活習慣を振り返ってみましょう。

 

前歯のインプラントで失敗を防ぐ方法

前歯 インプラント 失敗

前歯のインプラントには、どうしても失敗のリスクが付きまといます。

治療を受ける際は、なるべくリスクを軽減して臨みましょう。

インプラントを考えている方は、以下のポイントを意識してみてください。

  • 格安のインプラントを避ける
  • 歯科医院のHPに症例が掲載されているかをチェックする
  • メリット・デメリットをちゃんと説明してくれるか
  • 設備が充実しているか
  • セルフケアをしっかりできるか

失敗を防ぐ方法もそれぞれ解説します。

 

格安のインプラントを避ける

格安のインプラントはなるべく避けてください。

人件費や医療機器を削減している可能性があるからです。

インプラントは自由診療のため、高額になってしまいます。

ですが高い金額には理由があるのです。

  • インプラントの費用
  • 医師の知識・技術
  • スタッフの質・人数
  • 設備費
  • 感染対策
  • 保証の有無と内容
  • 被せ物

他にも歯科医院によっては、更にコストとして加算されているものもあります。

共通しているのは、どれも治療にとって必要なものという点です。

金額を抑えようとすると、どれかをコストカットしなければいけません。

結果、患者側に負担を強いる形になります。

格安だからといって飛びつかないようにしましょう。

 

歯科医院のHPに症例が掲載されているかをチェックする

歯科医院のHPにインプラントの症例が掲載されているかも重要です。

ちゃんと治療をしている歯科医院なら、実績と信頼の証として掲載しています。

逆に掲載されていないと、前歯のインプラントの対応数が少ない証となるでしょう。

前歯のインプラントで失敗しないためにも、重要な項目です。

症例数は歯科医院の信頼度を確認するバロメーターなので、必ず確認しましょう。

 

メリット・デメリットをちゃんと説明してくれるか

医師がメリットとデメリットをカウンセリングで説明してくれるかも重要です。

前歯のインプラントは難しい治療のため、デメリットまで納得した上で治療を受けてください。

特に糖尿病などの病気を患っているのなら、なおさらです。

インプラントには、メリットではなくデメリットもあります。

両方を知り、納得した上で治療を受けなければ後悔することになりかねません。

ちゃんとデメリットまで説明してくれると、患者に向き合ってくれる医師だと判断できます。

 

設備が充実しているか

前歯のインプラントを受ける際は、設備の充実度も確認してください。

充実しているほど、インプラントの手術に必要な情報を多く集められるからです。

代表的なものはCTでしょう。

CTがあると治療計画を立てやすくなり、術後でも骨の状態確認で使えます。

設備の充実度はインプラントにおいて重要です。

カウンセリング時にどのような設備があるのかを質問しておくと良いでしょう。

 

セルフケアをしっかりできるか

セルフケアも重要です。

インプラントは、手術だけでなく術後の生活によってインプラント周囲炎になる可能性があります。

セルフケアを手間と感じず、続けていけるかが大切です。

歯の清掃がうまくできていないと、インプラント周囲炎によって歯茎が下がってしまう可能性があります。

インプラントが露出すると再手術が必要です。

これまでセルフケアをサボっていた方は、意識してブラッシングをしなければいけません。

自分の歯を自分で守っていくように意識しましょう。

 

前歯のインプラントを失敗した時の対処法

前歯 インプラント 失敗

実際に前歯のインプラント治療を受け、失敗した場合はどうすれば良いのでしょうか。

症状が現れると迷ってしまうでしょう。

その際は、放置せずに以下の方法で対処してください。

  • 主治医に相談する
  • セカンドオピニオンで他院へ相談する

それぞれ見ていきましょう。

 

主治医に相談する

インプラントを失敗したと感じたら、まずは主治医に相談してください。

主治医は手術の内容を1番知っている人物であるためです。

歯茎を開いた本人だからこそ、再手術をする際にもスムーズに進められます。

失敗するとつい「信頼ならないから変える」と考えてしまいがちです。

しかし、主治医を変えたところで事態が改善するとは限りません。

それよりも、失敗した後にどうすれば良いのかを考えてくれる主治医の方が適任です。

前歯のインプラントを失敗した場合は、まず主治医に相談しましょう。

 

セカンドオピニオンで他院へ相談する

どうしても主治医に相談できない場合は、セカンドオピニオンとして他院へ相談する方法もあります。

この場合、歯科医院選びが非常に難しいでしょう。

ただし、実際にインプラントの施術をしたわけではないため、対応が難しいと判断される可能性もあります。

他人が失敗した後のやり直しは、非常に難しいのです。

主治医への相談も候補に入れつつ、セカンドオピニオンとして他院へ相談してみてくださいね。

 

前歯のインプラントは失敗するリスクが常にある

前歯 インプラント 失敗

前歯のインプラントは、他の部位と比べて失敗しやすい傾向にあるため注意が必要です。

施術の難易度も高く、歯科医師の技量が問われます。

治療を受ける際は、事前のカウンセリングを納得できるまで受けましょう。

失敗しないためには、歯科医院選びが重要です。

治療費や症例など、HPからでも確認できるポイントは多くあります。

歯科医院選びの参考にしてください。

もし失敗したら、まず主治医に相談しましょう。

前歯のインプラントは失敗する可能性があると理解した上で、治療を受けてくださいね。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園) 理事長/齋藤和重

症例紹介17:インプラント治療(40代女性)

 

本日は治療を行った患者さまのビフォーアフターをご紹介します。

 

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《題名》

インプラント治療

 

《患者さん》

40代 女性

 

《執刀医》

齋藤理事長

 

《治療内容》

左下奥歯の残根部のインプラント埋入と再生療法を併用した骨造成手術

 

《治療期間》

6ヶ月 (5回)

 

《費用(税込)》

手術準備費:¥33,000

インプラント:¥275,000

GBR:¥132,000

PRGF:¥55,000

チタンアバットメント:¥55,000

インプラント上部ジルコニアクラウン:¥187,000

==========

計 ¥737,000

 

《治療に対するリスク》

インプラント手術後に、疼痛や腫れる場合がございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご自身の歯でお悩みを抱えている方、お気軽にご相談下さい☺

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)

インプラントのオールオン4と総入れ歯の違いとは?メリット・デメリットについても徹底解説

インプラントのオールオン4と総入れ歯の違いについてご存知ですか。

この記事では「インプラントのオールオン4と総入れ歯の違い」について紹介していきます。

 

他に「インプラントのオールオン4のメリット・デメリット」や「総入れ歯のメリット・デメリット」についてもまとめました。

ぜひこの記事を参考に、インプラントのオールオン4と総入れ歯の違いについて理解を深めてみてください。

 

インプラントのオールオン4と総入れ歯の違い

インプラント セラミック 違い

インプラントのオールオン4と総入れ歯には以下のような違いがあります。

    • 治療方法
    • 費用
    • 寿命

それぞれの項目について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

治療方法

インプラントのオールオン4は、顎の骨に4つのインプラントを埋め込んで、すべての人工歯を乗せる治療方法です。

オールオン4は利便性や品質が高く、適応幅が広いというメリットが挙げられます。

総入れ歯は、歯を全て失った際に行われる一般的な治療方法です。

総入れ歯なら短期間で治療を行えますが、顎骨が痩せてしまったり、審美性が低かったりするなどの特徴が挙げられます。

インプラントのオールオン4と総入れ歯の治療方法は異なるので、自分の要望に合った方法を選びましょう。

 

費用

インプラントのオールオン4の場合、費用相場は片顎200万円~350万円が目安です。

基本的に保険適用外になるので、治療費は高額になる傾向があります。

人工歯がプラスチック製であれば費用が抑えられますが、セラミック製になると審美性や耐久性が高くなり、費用も高額です。

総入れ歯の場合は保険適用の治療となるので、金額は5,000円~2万円程度になります。

しかし耐久性が低く数年に1度は作り直しが必要で手間と費用がかかってしまうので注意が必要です。

 

寿命

インプラントのオールオン4の寿命は、一般的には15年程度です。

しかしインプラントを40年以上経っても使用し続けているケースもあります。

一方で総入れ歯の場合、寿命の目安は約3年です。

入れ歯を使い続けると顎の骨や歯茎が痩せてしまうリスクが高くなります。

そのためインプラントのオールオン4の方がおすすめと言えるでしょう。

インプラントのオールオン4は、総入れ歯と比べると使用できる期間が長いので、治療費自体は高いですが、長期的に見ると費用を安く抑えられます。

 

インプラントのオールオン4のメリット

インプラント 老後

インプラントのオールオン4のメリットについては、以下が挙げられます。

  • 顎の骨が痩せてしまうリスクを回避できる
  • 痛みが起こりづらい
  • 天然歯に近い噛み心地がある
  • 審美性が高い

それぞれのメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

顎の骨が痩せてしまうリスクを回避できる

インプラントのオールオン4は、噛んだ際の力が顎骨に伝達できるので、顎の骨が痩せてしまうリスクを回避できるというメリットが挙げられます。

普段から咀嚼を行っていないと、顎の骨が痩せてしまい、歯や歯茎にも悪影響を与えてしまうのです。

顎の骨が痩せてしまうと顔全体が老けて見えます。

若々しさをキープしたい方は、インプラントのオールオン4がおすすめです。

 

痛みが起こりづらい

総入れ歯に比べて、インプラントのオールオン4は、しっかりと固定されているので、痛みが起こりづらいのもメリットです。

インプラントのオールオン4は、顎の骨に人工歯根を固定できるので、粘膜を傷つけてしまうリスクが少なくなります。

総入れ歯を長時間使用していて、歯茎が擦れてしまい、強い痛みが出ている人も多いでしょう。

そのため治療費が高いというデメリットがあっても、長期的に見るとインプラントの方が良いと考えられます。

 

天然歯に近い噛み心地がある

インプラントのオールオン4は、顎の骨にインプラントを埋め込むので、天然歯に近い噛み心地が得られるのもメリットです。

天然歯に近い噛み心地があり、今まで通りに食事ができて、自然な会話も可能になります。

噛み合わせが悪いと、最悪の場合には歯並びが悪くなってしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

審美性が高い

インプラントのオールオン4は、天然歯と同様もしくはそれ以上に審美性が高いのも大きなメリットです。

入れ歯は、プラスチックで作成されているので、汚れが付着しやすく、歯が黄ばみやすくなります。

部分入れ歯やブリッジなども、金属部分が目立ってしまうので、審美性は高くありません。

少しでも見た目を良くしたいと思っている方は、インプラントのオールオン4の治療を受けるのをおすすめします。

 

インプラントのオールオン4のデメリット

頭を抱える女性

オールオン4を考えているのならデメリットも把握しておきましょう。

インプラントのオールオン4のデメリットについては、以下が挙げられます。

  • 治療費用が高い
  • 外科手術が必要である
  • 感染症にかかってしまうリスクがある

それぞれのデメリットについて紹介していきますので、これからインプラントのオールオン4の治療を受けたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

治療費用が高い

インプラントのオールオン4は、保険適用外になるので、治療費用が高くなるのがデメリットです。

オールオン4はメーカーから購入するインプラント自体が高額になっています。

さらに高度な技術と知識が必要で、治療ができる歯科医師が多くないのも、インプラント治療の費用が高い要因の1つです。

個人差はありますが、口内状態が悪い場合と、さらに治療費が高くなってしまうリスクもあります。

事前に口内状態を確認してもらいましょう。

 

外科手術が必要である

インプラントのオールオン4は、外科手術を行う必要があるので、身体的な負担が掛かってしまうのもデメリットです。

手術では局所麻酔を行い、歯茎を切開して顎の骨を削ります。

全身性の疾患がある方や高齢の方などは、体力的はもちろん、身体的負荷が大きくかかってしまうでしょう。

インプラント治療が受けられない場合もあるので、事前の確認が必要です。

また、治療期間が長くなってしまうので、通院しなければならない手間が増えてしまうといったデメリットもあります。

 

感染症にかかってしまうリスクがある

インプラント治療は、細菌によって感染症にかかってしまうリスクがあるのもデメリットです。

この感染症は「インプラント周囲炎」と呼ばれます。

インプラント周囲炎とは、インプラント周辺の組織が歯周病に感染してしまった状態です。

自覚症状が出にくく、気づいたときには症状が悪化してしまっているケースも多く見られます。

少しでも変化がある場合には、歯科医院で検査をしてもらいましょう。

 

総入れ歯のメリット

どのような手術?

総入れ歯のメリットについては、以下が挙げられます。

    • 保険適用される
    • 身体への負担が少ない
    • 早期に装着できる

それぞれのメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

保険適用される

総入れ歯は、保険適用されるので、比較的安く治療を受けられるのがメリットです。

基本的には、ほとんどの症例に適応しているので、口内環境が悪い方でも使用できます。

少しでも費用を安く抑えたいと思っている方におすすめの治療方法と言えるでしょう。

 

身体への負担が少ない

総入れ歯は、インプラントのオールオン4と違い外科手術を行う必要がないので、身体への負担が少ないのもメリットです。

高齢の方や、全身疾患を持っている方などは、外科手術では身体的負荷が大きくなり健康状態が悪化してしまうリスクがあるので、治療が受けられない可能性があります。

しかし総入れ歯なら治療後のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

 

早期に装着できる

総入れ歯は、早期に装着できるというメリットが挙げられます。

歯がないと生活に支障が出ます。

入れ歯なら歯科医院によっても異なりますが、1~2週間程度で完成するでしょう。

 

総入れ歯のデメリット

胸の前で×をする女性

総入れ歯のデメリットについては、主に以下が挙げられます。

  • 毎日のメンテナンスが不可欠
  • 天然歯同様には噛めない
  • 顎の骨が衰えてしまうリスクがある

それぞれのデメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

毎日のメンテナンスが不可欠

総入れ歯は、毎日入れ歯を外してメンテナンスをする必要があるのがデメリットです。

毎日メンテナンスを行わないと、入れ歯に汚れや雑菌などが付着してしまい、口臭などの原因になってしまうでしょう。

メンテナンスでは、入れ歯を直接ブラッシングする方法や洗浄液に浸けるなどの方法が挙げられます。

入れ歯はメンテナンスに手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ注意が必要です。

 

天然歯同様には噛めない

歯を痛がる女性

総入れ歯は、天然歯と同じように噛む力が加えられないので、天然歯同様には噛めないのもデメリットです。

今までは問題なく噛み切れても、総入れ歯になると、噛む力や噛み合わせが変わります。

そこで噛み切れなかったり、食べづらくなったりするでしょう。

また、総入れ歯にすると全体的に噛む力が弱くなってしまいます。

入れ歯を装着した際に少しでも違和感があれば、再調整をしてもらいましょう。

 

顎の骨が衰えてしまうリスクがある

総入れ歯は、インプラントのオールオン4とは違って歯茎で入れ歯を固定しているので、顎の骨に力が加わらず、顎の骨が衰えてしまうリスクがあるのもデメリットです。

インプラントのオールオン4は、人工歯を固定しているので、食事などをする際には、顎の骨に直接力を加えられます。

比較的若い方が総入れ歯にしてしまうと、顎の骨が衰えやすく、見た目に悪影響を与えてしまう可能性が高くなるので、インプラントのオールオン4がおすすめと言えるでしょう。

 

インプラントと総入れ歯のケア方法

インプラントの注意点

インプラントと総入れ歯のケア方法について把握しておくと、歯のトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

それぞれのケア方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

インプラントのケア方法

インプラントは、基本的に天然歯と同じように扱うことができます。

歯ブラシを使用してブラッシングをするのはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用すれば、歯や歯茎の健康維持につながります。

インプラントは、天然歯と違い、虫歯になることはありません。

しかしケアを怠ってしまうと、周囲の歯に悪影響を与えてしまうリスクが高くなります。

インプラントは定期的に歯科医院でメンテンナスを行い、抜け落ちや、インプラント歯周炎などのトラブルを予防しましょう。

 

総入れ歯のケア方法

総入れ歯は、天然歯やインプラント以上に入念なケアが必要です。

食後や就寝前に、ブラシで汚れを落としたり、入れ歯専用の洗浄液につけ置きしたりする必要があります。

ケアを怠ってしまうと、口内環境が悪くなってしまい、トラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

入れ歯は3~5年に一度は新しい入れ歯に入れ替える必要があります。

古い入れ歯を長年使用してしまうと、噛み合わせが悪くなってしまい、顎関節症などになってしまうリスクがありますので注意しましょう。

 

インプラントのオールオン4と総入れ歯について理解を深めよう!

デンタルローンのメリット

今回は、インプラントのオールオン4と総入れ歯について知りたい方に向けて、違いやそれぞれのメリット・デメリットなどを紹介しました。

インプラントのオールオン4のメリットについては、以下が挙げられます。

  • 顎の骨が痩せてしまうリスクを回避できる
  • 痛みが起こりづらい
  • 天然歯に近い噛み心地がある
  • 審美性が高い

ケア方法について把握しておくと、歯のトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

今回の記事を参考に、インプラントのオールオン4と総入れ歯の違いについて理解を深めてみてください。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園) 理事長/齋藤和重

症例紹介16:インプラント治療・セラミック治療(30代男性)

 

本日は治療を行った患者さまのビフォーアフターをご紹介します。

 

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《治療名》

欠損部のインプラント治療とセラミック・ジルコニア治療

 

《患者さん》

30代男性

 

《執刀医》

大塚院長

 

《治療内容》

歯冠崩壊部のインプラント治療と、セラミック・ジルコニアクラウンによる虫歯治療

 

《治療期間》

12回 (10ヶ月)

 

《費用》

ファイバーコア

¥27,500×4

セラミッククラウン

¥121,000×1

ジルコニアクラウン

¥143,000×2

 

インプラント手術準備費

¥33,000

GBR(骨増生)

¥88,000×2

インプラント

¥275,000×3

アバットメント

¥55,000×3

インプラント上部ジルコニア

¥187,000×3

 

計:¥2,277,000

 

《治療に対するリスク》

インプラント治療においては、術後一時的な疼痛や腫れが起こる場合があります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご自身の歯でお悩みを抱えている方、お気軽にご相談下さい☺

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)