インプラントなら山手歯科クリニック YDCインプラント専用サイト

歯科コラム

東京、品川区の歯科医院「山手歯科クリニック」歯科コラム

症例紹介11:インプラント治療(20代男性)

 

本日は「インプラント治療」を行われた患者さまのビフォーアフターをご紹介します。

 

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《題名》

インプラント治療

 

《患者さん》

20代男性

 

《執刀医》

Dr.齋藤

 

《治療内容》

右下奥歯欠損部のインプラント治療

 

《治療期間》

3ヶ月(4回)

 

《費用》

手術準備費:¥33,000

インプラント:¥275,000

チタンアバットメント:¥55,000

インプラント上部ジルコニアクラウン:¥187,000

=======

計 ¥550,000(税込)

 

《治療に対するリスク》

インプラント手術後に、疼痛や腫れる場合がございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご自身の歯でお悩みを抱えている方、お気軽にご相談下さい☺

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)

症例紹介10:インプラント治療(50代男性)

 

本日は「インプラント治療」を行った患者さまのビフォーアフターをご紹介します。

 

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【治療名】

インプラント治療

 

【患者情報】

50代 男性

 

【担当医】

Dr.大塚

 

【治療内容】

左下奥歯の残根部のインプラント治療

 

【治療期間】

7ヶ月 (5回)

 

【費用】

手術準備費:¥33,000

インプラント:¥275,000

チタンアバットメント:¥55,000

インプラント上部ジルコニアクラウン:¥187,000

========

計 ¥550,000(税込)

 

【リスク】

インプラント手術後に、疼痛や腫れる場合がございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご自身の歯でお悩みを抱えている方、お気軽にご相談下さい☺

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)

症例紹介9:インプラント治療(70代女性)

 

本日は「インプラント治療」を行われた患者さまのビフォーアフターをご紹介します。

 

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《題名》

インプラント治療

 

《患者さん》

70代 女性

 

《執刀医》

齋藤理事長

 

《治療内容》

右下奥歯の欠損部のインプラント治療

 

《治療期間》

5ヶ月 (5回)

 

《費用》※税込

手術準備費:¥33,000

インプラント:¥275,000

チタンアバットメント:¥55,000

インプラント上部ジルコニアクラウン:¥187,000

========

計 ¥550,000

 

《治療に対するリスク》

インプラント手術後に、疼痛や腫れる場合がございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご自身の歯でお悩みを抱えている方、お気軽にご相談下さい☺

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)

症例紹介8:インプラント治療(20代男性)

 

本日は「インプラント治療」を行った患者さまのビフォーアフターをご紹介します。

 

※ご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【治療名】

インプラント治療

 

【患者情報】

20代 男性

 

【担当医】

Dr.大塚

 

【治療内容】

右下奥歯の欠損部インプラント治療

 

【治療期間】

5ヶ月(4回)

 

【費用】

手術準備費:¥33,000

インプラント:¥275,000

チタンアバットメント:¥55,000

インプラント上部ジルコニアクラウン:¥187,000

========

計 ¥550,000(税込)

 

【リスク】

インプラント手術後に、疼痛や腫れる場合がございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご自身の歯でお悩みを抱えている方、お気軽にご相談下さい☺

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)

奥歯はインプラント治療できる?前歯より難しい?メリット・デメリットを解説します

インプラント 奥歯

 

虫歯や歯周病によって失った奥歯を補う場合、選択肢のひとつとしてインプラント治療が挙げられます。インプラントは、異物感の少なさや発音のしやすさなどさまざまな面でメリットを持っている治療法です。

 

当記事では、奥歯はインプラント治療できるか否かについてや、治療するメリット・デメリット・費用相場などについて解説します。奥歯をインプラント治療したいと思っている方は、ぜひお読みください。

 

歯のインプラントとは?

 

歯のインプラントとは、歯を失った際に行う治療のひとつです。人工歯根を顎の骨に埋入し、人工的な歯を取り付ける形で治療を行います。

 

インプラント治療を行う際は、外科的な手術を実施します。

 

入れ歯との違いは?

 

入れ歯とインプラントの違いのひとつは、人工歯根があるかないかです。入れ歯には人工歯根がなく、顎の骨とは結びついていません。インプラントと入れ歯では、顎の骨としっかり結合しているインプラントのほうが安定性が高いといえるでしょう。

 

奥歯はインプラント治療できる?

奥歯 インプラント治療

 

奥歯は、インプラント治療が可能な歯です。ちなみに、奥歯とはどの歯を指すのがご存じでしょうか。

 

奥歯には「臼歯」という正式名称が存在します。そして歯科医では、もっとも奥にある歯から4つ目までの歯を臼歯としています。ちなみに、臼歯のなかの奥側に位置する2つの歯は「大臼歯」、前側の歯は「小臼歯」という名前です。

 

なお、上記は親知らずがない場合の話です。親知らずがある場合は、大臼歯が一番奥に1つ追加されると考えてください。

 

奥歯のインプラント治療は前歯より難しい?

 

「奥歯のインプラント治療は前歯より難しい」という噂をネットで目にしたことがある人もいるでしょう。

 

しかし、それは必ずしも事実ではありません。むしろ前歯に比べると、奥歯のインプラント治療は難易度が易しくなりやすい傾向にあります。

 

奥歯の顎骨は前歯に比べて骨が多いため、インプラントが定着しやすいという強みを持っています。したがって、むしろ前歯のほうが手間や難易度が上がりやすいといえるのです。

 

奥歯のインプラント治療のメリット

インプラント治療のメリット

 

奥歯のインプラント治療における主なメリットは、以下のとおりです。

 

  • しっかり噛める
  • 異物感が少ない
  • 発音がしやすい
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 噛み合わせのバランスが崩れない

 

なお、インプラント治療で得られるメリットは基本的に前歯も奥歯もあまり変わりありません。よって上記のほとんどは、奥歯に限らずインプラント治療全体のメリットだといえます。

 

以下からは、それぞれのメリットについてくわしく解説していきます。

 

しっかり噛める

 

1つ目のメリットは、しっかり噛めるという点です。インプラントは、ブリッジや入れ歯に比べて咀嚼の感覚が天然歯に近いとされている治療です。骨と結合した人工歯は安定性が高いため、しっかりと噛めるでしょう。

 

異物感が少ない

 

続いてのメリットは、異物感が少ないという点です。ブリッジや入れ歯はインプラントよりも結合力が弱いため、咀嚼の際にぐらつくことがあります。天然歯ほどの安定感はないことから、異物感を抱く患者さんは少なからずいるでしょう。

 

対してインプラントの場合、顎の骨にしっかりと結びつき、天然歯のような安定感を維持します。天然歯に近い噛みごたえとなることで、自分の歯のように感じられるため、異物感を抑えて食事を楽しめるでしょう。

 

発音がしやすい

 

続いてのメリットは、発音がしやすいという点です。歯を失ったままで放置してしまうと、歯の抜けた部分から空気が抜けるため、言葉を発音するのが困難となります。

 

またブリッジや入れ歯で補ったとしても、義歯に隙間ができたり、話の途中でずれたりすることで、うまく発音が行えなくなるケースもあるでしょう。

 

インプラントを埋入すれば、自然歯に近い発音を手に入れられます。顎の骨に強く固定されているため、突然ずれたり隙間ができたりすることもほとんどありません。ストレスなく会話が楽しめるというのは、大きなメリットだといえます。

 

顎の骨が痩せにくい

 

続いてのメリットは、顎の骨が痩せにくいという点です。ブリッジや入れ歯は、咀嚼した際の刺激が顎の骨にしっかりと伝わりにくいというデメリットを持っています。顎の骨に伝わらないと、骨が痩せていき、丈夫さが失われていくことにつながります。

 

対してインプラントは顎の骨に埋入されているため、咀嚼を行った際、インプラントを通って顎の骨へと咀嚼をしっかり伝えることが可能です。したがって、顎をいつまでも丈夫に保ちやすくなります。

 

噛み合わせのバランスが崩れない

 

続いてのメリットは、噛み合わせのバランスが崩れないという点です。ブリッジや入れ歯は、固定する力がインプラントほど強くないため、咀嚼を行った際にぐらつきを覚えることがあります。高さの調整も自由に行えないため、違和感のある噛み合わせになったまま使用し続けるケースもあります。

 

噛み合わせのバランスが整っていないと、歯を破損するリスクもあるため、注意しなければなりません。

 

対してインプラントは、埋入するにあたってしっかりと噛み合わせのバランス調節を行います。したがって、噛み合わせが過度に悪くなることを防げます。顎の骨としっかり結合しているため、大きくずれる心配もほとんどないでしょう。

 

もしもぐらついたと感じた際には、歯科医師に相談すれば適切な対処を行ってもらえるケースがほとんどです。噛み合わせのバランスが整っているため、毎日の食事を安心して楽しめるでしょう。

 

奥歯のインプラント治療のデメリット

インプラント治療のデメリット

 

奥歯のインプラント治療には、以下のようなデメリットも存在します。

 

  • 費用が高価になりがち
  • 手術にはある程度の骨の量が必要
  • 外科手術が必要である

 

費用が高価になりがち

 

インプラントの治療は、ほとんどの場合保険の適用外です。つまり、患者さんが全額を負担する必要があるということです。

 

インプラント治療はただでさえ費用が高くなりやすい上に、保険で3割負担されることもないため、必然的に費用が高価になりやすいというデメリットを持っています。

 

埋入するインプラントの数が増えれば、その分費用も増していくため、あらかじめ覚悟しておく必要があります。

 

手術にはある程度の骨の量が必要

 

インプラントの治療を行うためには、インプラントを支えられるだけの顎骨の深さや厚み、密度が必要です。もしも顎の骨が規定に達していない場合は、顎の骨を増やす治療を行う必要が出てきます。

 

骨を増やす治療法には、主に以下のようなものが存在します。

 

    • GBR法
    • サイナスリフト
    • 骨移植

 

上記の治療を受けたあと、しばらく経過を観察してからインプラント治療を行う形となります。

 

外科手術が必要である

 

インプラントの治療では顎の骨に人工歯根を埋入するため、外科的な手術が必要です。手術に慣れていない人にとっては、大きな不安材料となるでしょう。

 

奥歯のインプラント治療に
かかる費用相場

 

インプラント治療にかかる費用は、30万〜60万円程度です。インプラントの場合、前歯か奥歯かによって値段の大きな変動はほとんどありません。したがって、奥歯に限定した場合でもほぼ同程度の値段になると考えてよいでしょう。

 

まとめ

 

奥歯は、ほかの歯と同様にインプラント治療が可能です。奥歯をインプラントにすることで、ものをしっかり噛めるようになったり、言葉の発音がしやすくなったりと、さまざまなメリットが得られます。

 

山手歯科クリニックは、東京都品川区大井町にある総合歯科医院です。待合室にアロマオイルを設置したり、おもてなしを意識した丁寧な接客を行ったりと、ホテルのような快適さのある雰囲気を目指しています。リラックスして治療を受けたい方は、ぜひ一度ご来院ください。

 

監修:理事長/齋藤和重