全てのカテゴリー

歯科コラム

東京、品川区の歯科医院「山手歯科クリニック」歯科コラム

インプラント治療をするなら東京都?おすすめの歯科医院とは?

 

1:東京でおすすめのインプラント治療を選ぶ理由

 

東京でおすすめのインプラント治療を選ぶ理由

 

東京は世界でも有数の大都市であり、最新の歯科医療技術が集結しています。この街でインプラント治療を受けることをおすすめする理由は、単に先端技術にアクセスできるからだけではありません。東京の歯科医療が持つ独特の特徴と評価が、患者さまが求める質の高い治療結果を約束するからです。

 

先進的なインプラント技術の東京スタンダード

東京には最新のインプラント技術が導入されているクリニックが数多く存在します。これらのクリニックでは、3Dイメージングやデジタルマウススキャンなど、精度の高い診断から始まります。また、手術の精度を上げるために、コンピューター支援設計(CAD)やコンピューター支援製造(CAM)などの技術を駆使し、患者さま一人ひとりに合わせたインプラントを作製することが可能です。

 

東京の歯科医療の高い評価

東京の歯科医療は、技術だけでなくサービスの質も高い評価を受けています。治療計画の説明からアフターケアに至るまで、患者さまに寄り添った対応を心がけているクリニックが多いことも特徴です。患者さまからのフィードバックを大切にし、継続的な改善とサービスの向上を図っています。

 

東京でおすすめされるインプラントの特徴

東京でのインプラント治療が推奨される大きな理由は、その高い成功率にあります。最新の技術と経験豊富な医師による手術は、合併症のリスクを最小限に抑え、長期的な成功を約束します。また、東京のクリニックでは、インプラントの種類も豊富に取り揃えており、患者さまの口内状態やニーズに合わせた最適な選択肢を提供しています。

 

東京でインプラント治療を受けることは、最高の技術とサービスを享受することを意味します。これらの要素が組み合わさることで、患者さまは安心して治療を受けることができ、その結果、生活の質が大きく向上するのです。

 

 

2:おすすめの東京インプラントクリニックの探し方

 

おすすめの東京インプラントクリニックの探し方

 

インプラント治療を成功させるためには、適切なクリニックの選択が不可欠です。東京には数多くの優れたクリニックがありますが、その中から自分に最適なクリニックを見つけるためのポイントをご紹介します。

 

東京で高評価のクリニックの条件

高評価のクリニックを選ぶ際には、以下のような条件を満たしているかどうかをチェックしましょう。

 

・最新のインプラント技術: クリニックが最新の技術を導入しているかどうかは、治療の質を左右します。

・医師の経験と専門性: 医師の経験豊かさやインプラント治療に関する専門性も重要な判断材料です。

・清潔で快適な治療環境: クリニックが清潔で患者の快適さを考慮した設計になっているかもポイントです。

・明確な治療計画と費用説明: 治療計画が明確で、費用について透明な説明があるクリニックを選びましょう。

 

患者満足度を重視する東京のクリニック

患者満足度の高いクリニックは、以下の特徴があります。

 

・良質なカウンセリング: 患者の不安や疑問に丁寧に応え、納得のいく治療方針を提示します。

・アフターケアの充実: 治療後のフォローアップ体制が整っているかどうかも、クリニック選びの大切なポイントです。

・患者の声を反映: 患者からのフィードバックを治療やサービスの改善に活かしているクリニックは、信頼できます。

 

おすすめクリニックのクチコミと評判を読み解く

クチコミや評判は、クリニック選びの重要な手がかりとなります。

 

・実際の患者体験: 治療を受けた患者の声は、クリニックの実際の評価を反映しています。

・治療結果の写真: Before/Afterの写真が公開されていると、治療の効果を視覚的に確認できます。

・多角的なレビュー: 一つの意見だけでなく、多くの患者のレビューを参考にすることで、バランスの取れた情報が得られます。

クリニック選びは、慎重にかつ様々な情報を基に行う必要があります。東京でのインプラント治療を考えている方は、これらのポイントを心に留めて、最適なクリニックを見つけるためのリサーチを行いましょう。患者一人ひとりに合った最良の治療を提供するクリニックが、きっと見つかります。

 

 

3:東京流、おすすめインプラント治療の一連の流れ

 

東京流、おすすめインプラント治療の一連の流れ

 

東京でのインプラント治療は、その精緻さと高い治療成功率で知られています。東京流のインプラント治療を受けるにあたり、患者さまが知っておくべき治療の流れや期間、さらにはクリニック選びの重要性について解説します。

 

東京でのインプラント治療プロセス

インプラント治療のプロセスは、初診から始まります。初診では、口腔内の検査やレントゲン撮影、3D CTスキャンなどが行われ、詳細な治療計画が立てられます。この時点で、インプラントの種類や治療法、期間、コストについて詳しく説明がなされ、患者さまの了解を得た上で治療が進められます。

 

次に、実際のインプラント埋入手術が行われますが、これは最先端の機器と技術を使用して精密に行われます。手術後は、一定期間の経過観察を経て、最終的な人工歯の装着に至ります。治療プロセス全体を通じて、患者さまには各ステップで丁寧なケアが提供されます。

 

おすすめクリニックの治療期間とプロトコル

東京のおすすめクリニックでは、患者さま一人ひとりの状態に応じた治療期間が設定されます。インプラントの埋入から最終的な歯の装着まで、数ヶ月から半年程度の期間を要することが一般的です。しかし、クリニックによっては、即時負荷インプラントという技術を用いて、手術当日に仮歯を装着することも可能です。

 

また、治療のプロトコルには、患者さまの生活リズムや要望が反映されます。たとえば、勤務時間や家庭の事情を考慮した上で治療計画が立てられることも、東京流の特徴です。

 

東京での患者さまの評判と体験

東京でインプラント治療を受けた患者さまの評判は、そのほとんどが肯定的です。治療の透明性、医師の技術力、スタッフの対応の良さ、治療結果の満足度が高く評価されています。実際にインプラント治療によって、噛む力の改善、見た目の向上、自信の回復など、生活の質の大幅な改善を実感している患者さまも多くいます。

 

東京のインプラント治療は、技術の高さと患者さまへの配慮が組み合わさり、高い評価を受けています。こうした実績が、新たな患者さまにとっての信頼と安心を構築しているのです。もしあなたがインプラント治療を検討中であれば、東京のクリニックが提供する、安心と満足を基にした治療の流れをぜひ体験してみてください。

 

 

4:東京でのインプラント治療費用の全貌

 

東京でのインプラント治療費用の全貌

 

東京でインプラント治療を受ける際、多くの患者さまが気になるのが治療費用です。このセクションでは、東京でのインプラント治療にかかる費用の相場、保険の適用範囲、自己負担の実情について、そしてそれがもたらす価値について詳しくご紹介します。

 

東京におけるインプラント費用の相場

東京でのインプラント治療費用は、クリニックの立地や使用する材料、治療の複雑さによって大きく変動します。一般的には、一本のインプラントにつき25万円から40万円程度が相場とされています。ただし、これには骨の再生手術や上部構造(冠やブリッジ)、CTスキャンなどが含まれる場合と含まれない場合がありますので、詳細な見積もりをとることが重要です。

 

保険適用と自己負担の現状

日本では、インプラント治療は基本的に保険適用外の自費治療です。一部例外として、事故や疾病による顎の損傷など特定の条件下で保険適用となるケースもありますが、一般的なケースでは全額自己負担となります。そのため、治療費用の全体像を理解し、経済的な計画を立てることが不可欠です。

 

価格に見合う東京のインプラントの価値

東京のインプラント治療費用は高いかもしれませんが、その価値は計り知れません。最新の治療技術と豊富な経験を持つ専門医による精密な手術は、長期的に見て優れたコストパフォーマンスを提供します。治療の成功率が高く、合併症のリスクが低いため、長い目で見れば、再治療の費用や時間の節約になります。

 

また、東京の多くのクリニックでは、患者さまの経済的な負担を軽減するための分割払いサービスを提供しています。これにより、多くの患者さまが経済的な負担を心配することなく、必要な治療を受けることができるようになっています。

 

東京でのインプラント治療は、単なる歯の問題を解決するだけではなく、患者さまの生活の質の向上に寄与します。投資する価値は高く、その結果は患者さまの満足度として明確に表れることでしょう。自分自身への投資として、東京でのインプラント治療を選択することは、豊かな人生を送る上での賢い一歩と言えるでしょう。

 

 

5:東京のおすすめインプラント

 

東京のおすすめインプラント

 

インプラント治療は、現代歯科医療の中で大きな革新とされており、特に東京のクリニックはその最前線にいます。しかし、高度な治療であるがゆえにメリットとリスクが存在します。東京でおすすめされるインプラント治療のメリットとリスク、そして患者様が安全に治療を受けるためのクリニックの取り組みについて詳しく見ていきましょう。

 

インプラントの利点と東京のクリニックの優位性

インプラントは、見た目の美しさと機能性の復元の両方を実現します。天然の歯に非常に近い感覚で食事ができ、発音の明瞭さも保たれます。また、インプラントは周囲の歯に負担をかけることなく、自立して機能するため、残存する歯を保護します。東京のクリニックでは、これらの治療を最先端の設備と豊富な経験を持つ専門医が提供しています。これにより、治療の精度が向上し、より自然で機能的な結果を得られる傾向にあります。

 

東京でのインプラント治療リスク

一方で、インプラント治療にはいくつかのリスクが存在します。手術に伴う感染リスクや、稀にインプラントが骨に結合しない場合もあります。また、治療計画が不適切な場合には、噛み合わせの問題やインプラントの破損といった合併症を招く可能性もあります。

 

安全対策:東京のクリニックの取り組み

東京のクリニックでは、これらのリスクを最小限に抑えるために、事前の検査を徹底して行います。3D CTスキャンによる精密な骨の評価や、術前の細菌検査により、安全な手術環境を整えています。また、インプラント手術後の痛みや腫れに対しては、適切な鎮痛剤の処方や冷却療法を提供し、快適な回復を支援します。

 

さらに、手術の成功率を高めるために、患者様一人ひとりにカスタマイズされた治療計画を立て、定期的なフォローアップを行っています。これにより、患者様が安心して治療を受けることができ、治療後の長期的な満足度を確保しています。

 

東京のクリニックでインプラント治療を受けることは、その技術とサービスの質が、患者様にとっての大きなメリットとなります。そして、リスクは存在しますが、それを最小限に抑えるための厳重な安全対策が施されているため、信頼して治療を受けることができるのです。

 

 

6:東京での最新インプラント技術とそのおすすめポイント

 

東京での最新インプラント技術とそのおすすめポイント

 

東京のインプラント治療は、最新技術の導入により、常に進化し続けています。これらの技術は患者さまにとって、より良い治療結果をもたらすだけでなく、治療中の不安や不快感を軽減します。ここでは、東京での最新のインプラント技術と、それが患者さまに提供する利点、および注目すべき技術トレンドと推奨されるクリニックについて紹介します。

 

革新的な技術の東京での導入

東京の多くのクリニックでは、インプラント治療における最先端技術を導入しています。これには、レーザー技術による精密な歯肉のカットや、コンピューターを利用したインプラントの3Dプランニングが含まれます。このような技術は、手術の精度を大幅に向上させるだけでなく、患者さまの体への負担を減らし、治療後の回復時間の短縮にも寄与しています。

 

患者さまに提供される最先端の選択肢

東京のクリニックでは、一人ひとりの患者さまのニーズに合わせた多様なインプラントの選択肢を提供しています。これには、即時負荷インプラントや、骨再生手術を伴うインプラント治療などがあります。これらの選択肢は、患者さまが自身のライフスタイル、経済的な状況、治療への期待に合わせて最適なものを選べるようにするためのものです。

 

東京での技術トレンドとおすすめクリニック

最新技術を導入する東京のクリニックは、治療の成功率の高さで知られています。例えば、デジタルインプラントが可能なクリニックでは、手術前にシミュレーションを行うことで、より安全で確実な治療が実施できます。また、最新のデジタル技術を駆使したクリニックでは、患者さまが治療計画のすべてを視覚的に理解しやすくなっています。

 

東京で推奨されるクリニックは、これらの技術トレンドをリードしており、それぞれの患者さまに最適な治療法を提供することで、評判を集めています。これらのクリニックでは、患者さまの不安を取り除くために、事前の十分な説明とカウンセリングに力を入れています。

 

東京の最新インプラント技術は、患者さまにとっての大きなメリットをもたらします。これらの技術によって、より安全で、より快適で、より確実な治療が可能になっています。もしインプラント治療を検討しているなら、東京の最先端技術を取り入れたクリニックでの治療が、賢明な選択となるでしょう。

 

 

7:東京のクリニックでのインプラント治療体験談

 

東京のクリニックでのインプラント治療体験談

 

インプラント治療を検討する際、実際に治療を受けた方々の体験談は貴重な情報源となります。東京のクリニックでの治療体験談を通じて、患者さまがどのような経験をしたのか、どのような効果や感想を持ったのかを探ります。また、東京でのインプラント治療の評判を集めた体験談も合わせてご紹介します。

 

実際の患者さまのクチコミ

クチコミは、クリニック選びにおいて非常に役立つ情報です。実際にインプラント治療を受けた患者さまからは、治療前の不安や手術中の感覚、治療後の変化についての生の声が寄せられます。例えば、「痛みが心配だったが、思っていたよりも全然楽だった」という声や、「食べ物の味が以前とは違って、こんなに美味しいとは思わなかった」という喜びの声が聞かれます。これらの声は、これから治療を受ける方々にとって、不安を和らげる効果があります。

おすすめクリニックにおける効果と感想

東京でおすすめされるクリニックでは、最新の治療技術と高い治療成果が期待されます。多くの患者さまが、「生活の質が大きく向上した」「以前よりも自信を持って笑えるようになった」といったポジティブな変化を実感しています。また、クリニックの丁寧なカウンセリングやフォローアップ体制に満足している声も多く、患者さまにとってはこれらのサポート体制も治療選択の重要なポイントとなっています。

 

東京の評判を集める体験談

東京のインプラント治療は、国内外からの患者さまに高い評価を受けており、その評判は多くの体験談で確認することができます。これらの体験談は、医師の専門性や治療の精度、使用する材料の品質、クリニックの環境など、治療を受ける際に重要な判断基準になります。特に、「東京のクリニックは最新技術に対する理解が深く、安心して任せられた」という声は、東京のクリニックがどれだけ進歩しているかを物語っています。

 

東京のクリニックでのインプラント治療体験談は、これから治療を受ける患者さまにとって、不安を解消し、クリニック選びの大きな手助けとなります。実際の患者さまの声を通じて、治療のリアルな姿を見ることができ、それが患者さま自身の治療に対する期待と信頼を高めることにつながるでしょう。

 

 

8:東京でのインプラント治療後の新生活

 

東京でのインプラント治療後の新生活

 

インプラント治療を終えた後の新生活は、多くの患者さまにとって大きな変化を意味します。東京でのインプラント治療後の生活におけるポジティブな変化、必要とされる口腔ケアと健康維持の習慣、そしてアフターケアの重要性に焦点を当て、患者さまが新しい日常をどう享受しているかを探ります。

 

治療後の生活の変化とクチコミ

多くの患者さまが共有するのは、インプラント治療後に自信を取り戻し、社交活動に積極的になれたという経験です。治療が成功すると、食事の楽しみ方が変わり、会話も以前よりもスムーズになると報告されています。さらに、外見に対する自信が増すことで、笑顔が多くなり、それが社会生活全般に好影響を及ぼしているという声も多数寄せられています。

 

口腔ケアと健康維持:東京のケース

東京では、治療後の口腔ケアの重要性が特に強調されています。インプラント治療後の口腔環境は、適切なケアを行うことで維持されます。そのため、東京のクリニックでは、ブラッシングの方法、フロスの使用、定期的な検診の重要性など、治療後の口腔ケアに関する指導を徹底しています。これにより、患者さまは自身のインプラントを長期にわたって保つことが可能となります。

 

東京のクリニックのアフターケアの重要性

インプラント治療後のアフターケアは、治療の成功を長期にわたって保証するために不可欠です。東京のクリニックでは、定期的なアフターケアプログラムを提供し、治療効果の維持に注力しています。これには、定期的なクリーニング、検査、インプラントの状態をチェックするための定期訪問などが含まれます。これらのアフターケアサービスは、インプラントの機能性と審美性を長く維持するために、非常に重要な役割を果たしています。

 

東京でのインプラント治療は、治療そのものの高い質だけでなく、治療後のサポートの充実においても他を圧倒しています。治療後の新生活の質は、これらのアフターケアサービスの質に大きく依存しており、患者さまが快適に生活を送るためには、クリニック選びの際にアフターケアの充実度を確認することが推奨されます。

 

 

9:東京のインプラント治療を受ける前の準備

 

東京のインプラント治療を受ける前の準備

 

インプラント治療はその成果が長期にわたるものであるため、事前準備は成功への鍵となります。特に東京のような先進的な歯科医療が集結する地域では、患者さまとクリニック双方の期待が高まります。ここでは、インプラント治療を受ける前に患者さまが行うべき準備と、クリニック選びで考慮すべきポイントについてご案内します。

 

治療の前準備と期待

インプラント治療に適した候補者であるかを確認するためには、正確な口腔内の状態の把握が必要です。患者さまは、治療前に全面的な歯科検診を受けることが推奨されます。これには、口腔内のクリーニング、必要に応じた歯石除去、レントゲンや3Dスキャンを使用した骨の密度の評価などが含まれます。また、患者さまは自身の健康状態や治療に対する期待を明確にしておくことが重要です。

 

患者さまの準備と東京のクリニックの期待

患者さまが治療に望む結果を達成するためには、自身の健康状態や治療に対する理解を深め、クリニックと協力して準備を進めることが求められます。例えば、喫煙者の場合、治療の成功率を高めるために禁煙を開始することが期待されることもあります。また、糖尿病や心臓疾患などの持病がある場合は、治療前に状態をコントロール下に置くことが重要です。

 

東京のクリニック選びのアドバイス

東京で最適なインプラントクリニックを選ぶには、次のようなポイントを考慮することが有効です。

 

・実績: クリニックがどれだけのインプラント治療を成功させてきたかの実績を確認します。

・技術力: クリニックが最新のインプラント技術を導入しているか、専門的な知識と技術力を持っているかを検討します。

・コミュニケーション: 医師やスタッフとのコミュニケーションがしっかりとれるかどうかも大切です。

・評判: 他の患者さまの体験談やクチコミも大きな参考になります。

 

インプラント治療前の適切な準備は、東京のクリニックでの成功体験への第一歩です。クリニック選びにおいては、技術だけでなく、患者さま個々のニーズに対する理解とケアを提供できる場所を選ぶことが、治療の成功には不可欠です。患者さまの希望を叶えるためにも、治療前の準備とクリニック選びには十分な時間をかけ、慎重に進めていきましょう。

 

 

10:東京のインプラント治療成功の秘密

 

東京のインプラント治療成功の秘密

 

インプラント治療の成功は、使用される技術や材料の質だけでなく、治療を提供するクリニックと患者さまの関係性に深く根ざしています。東京のインプラント治療が高い成功率を誇る秘密は、これらの要素が絶妙に結びついていることにあります。ここでは、治療成功に必要な要素と患者さまが担う積極的な役割、そして信頼関係を築くためのポイントについて詳しく解説します。

 

成功に導く要素と東京のクリニックの特徴

東京のインプラントクリニックの成功は、以下の要素によって支えられています。

 

・専門性: 高い専門性を持った医師が、個々の患者さまに最適な治療を提案します。

・技術力: 最新のインプラント技術を駆使し、精密で効率的な治療を行います。

・設備: 最先端の医療設備を備え、安全かつ快適な治療環境を提供します。

・コミュニケーション: 患者さまとの密なコミュニケーションを通じて、治療計画を共に作成します。

 

患者さまの積極的な役割

インプラント治療の成功には、患者さまの積極的な参加が不可欠です。

 

・情報提供: 正確な医療情報を提供し、治療計画の立案に協力します。

・継続的なケア: 治療後のオーラルケアを徹底し、定期的なフォローアップを欠かしません。

・健康管理: 全身の健康を維持し、インプラントの成功に必要な良好な体調を保ちます。

 

東京で評判のクリニックとの信頼関係

信頼関係は治療成功のために不可欠であり、以下のように築かれます。

 

・透明性: クリニックが治療内容や費用について明確かつ正確な情報を提供します。

・サポート: 治療前から治療後に至るまで、一貫したサポートを提供します。

・フィードバック: 患者さまの意見や感想を積極的に受け入れ、治療の質の向上に努めます。

 

東京のクリニックでインプラント治療を成功させるためには、これらの要素がシームレスに結びついていることが大切です。患者さまが治療に対して積極的に関与し、クリニックが高い専門性と技術力で応えることで、最高の治療結果がもたらされます。この信頼関係が、東京でのインプラント治療成功の鍵となるのです。

 

 

11:未来を見据えた東京のインプラント治療

 

未来を見据えた東京のインプラント治療

 

東京のインプラント治療は、歯科医療の最先端を行くと同時に、未来への展望を常に開拓しています。歯科業界の未来を予測し、技術革新の波を捉えつつ、患者さま一人ひとりの期待に応える治療を提供することが東京のクリニックの使命です。未来指向のインプラント治療における東京の動向、技術進化の影響、そして患者さまに対する期待について考察します。

 

業界の将来予測と東京の動向

歯科医療業界は、個々の患者さまのニーズに合わせたパーソナライズドトリートメントへと向かっています。これには、再生医療や遺伝子治療などが含まれ、インプラント治療の成功率と機能性を飛躍的に高めることが期待されています。東京では、これらの最新技術をいち早く取り入れ、患者さまの治療体験を向上させるための試みが活発に行われています。

 

技術進化の影響と東京のおすすめクリニック

東京のおすすめクリニックは、技術進化を積極的に取り入れることで、より安全で確実なインプラント治療を実現しています。例えば、人工知能による診断支援システムや、最小限の侵襲で済むロボット支援手術などが注目されています。これらの技術を駆使することで、治療計画の精度は向上し、患者さまのダウンタイムは最小限に抑えられるのです。

 

東京での患者さまへの期待

東京のクリニックは、患者さまに対して高い期待を寄せています。それは、最新技術を用いた治療を受けることで、より質の高い人生を送ることができるという期待です。患者さまがクリニックを選ぶ際には、そのクリニックが未来の歯科医療のトレンドをいかに取り入れ、患者さまの健康と幸福に貢献しているかを重視すべきです。また、治療後のライフスタイルの変化に対するクリニックのサポートも、東京のクリニックが特に力を入れている部分です。

 

未来を見据えた東京のインプラント治療は、単に失われた歯を補うという次元を超え、全身の健康と生活の質の向上を目指しています。技術進化を積極的に取り入れた治療を受けることで、患者さまは長期的な視点での健康と満足を得ることができるでしょう。東京のクリニックが目指すのは、患者さまが日々の生活をより豊かに過ごせるような、持続可能な美しい笑顔なのです。

 

 

12:東京でのインプラント治療に関するQ&A

 

東京でのインプラント治療に関するQ&A

 

インプラント治療に関しては、患者さまが持つ疑問や不安が多岐にわたります。東京でのインプラント治療を検討している患者さまのために、よくある質問への回答を整理し、不安を解消する情報を提供します。これらのQ&Aは、患者さまが東京で最適なクリニックを選ぶ際に役立つでしょう。

 

おすすめクリニックのよくある質問

Q1: インプラント治療の痛みはどの程度ですか?

A1: 最新の麻酔技術と精密な手術方法により、多くの患者さまはインプラントの埋入をほとんど痛みなく経験しています。術後の痛みも管理された薬剤によって最小限に抑えられます。

 

Q2: 治療にかかる期間はどれくらいですか?

A2: 患者さまの口腔の状態や治療プランによって異なりますが、一般的にはインプラントの埋入から最終的な歯冠の装着まで数ヶ月を要することが多いです。

 

Q3: インプラントの寿命はどれくらいですか?

A3: 適切なケアと定期的なメンテナンスを行えば、インプラントは20年以上機能することが報告されています。

 

東京の患者さまの不安解消

Q4: インプラント治療後の食事に制限はありますか?

A4: インプラントが完全に骨に結合した後は、基本的に天然の歯と同じように食事を楽しむことができます。ただし、治療直後は柔らかい食事を心掛けるなど、一時的な制限が必要です。

 

Q5: インプラント治療の失敗率はどの程度ですか?

A5: 東京のおすすめクリニックでは、高い成功率を誇っていますが、全体的な失敗率は5%以下とされています。失敗の原因としては、喫煙や不適切な口腔衛生が挙げられます。

 

おすすめ情報の提供

Q6: 東京でインプラント治療を受ける最適な時期はいつですか?

A6: 歯を失った後、可能な限り早期に治療を受けることを推奨します。これは、歯槽骨の退縮を防ぎ、治療の成功率を高めるためです。

 

Q7: 東京でインプラント治療を受ける際の費用はどれくらいですか?

A7: クリニックや治療計画によって異なりますが、一本あたり25万円から40万円が相場です。詳細な見積もりは、カウンセリング時にクリニックから提供されます。

 

東京でのインプラント治療に関するこれらのQ&Aは、患者さまが治療を受ける際の不安を解消し、治療に向けて正しい決断を下すために重要です。十分に情報を収集し、理解した上で治療の選択を行うことが、成功への第一歩となるでしょう。

 

 

13:東京でのインプラント治療の完全ガイド

 

東京でのインプラント治療の完全ガイド

 

東京でインプラント治療を受ける際には、適切なクリニックの選択から治療の各段階に至るまで、多くの決断が必要となります。患者さまが自信を持って治療に臨むことができるよう、東京のおすすめクリニック選びのポイント、治療の判断基準、そして最終的なアドバイスを提供することで、スムーズな治療プロセスを支援します。

 

東京のおすすめクリニックの選択ガイド

クリニック選びは、治療成功の土台を築きます。以下のポイントに留意してクリニックを選びましょう。

 

・専門性: インプラント治療における医師の専門性と経験を重視します。

・設備: 最新の治療設備と清潔な治療環境が整っているクリニックを選びます。

・実績: 成功した治療例と患者さまの満足度が高いクリニックを選びます。

・コミュニケーション: 患者さまとのコミュニケーションを大切にし、治療内容を丁寧に説明するクリニックを選びます。

 

治療の判断基準

治療を決定する際の判断基準は、以下の通りです。

 

・治療計画の明確さ: インプラントの種類、治療の流れ、期間、費用について、詳細かつ透明な説明が提供されるかを確認します。

・医師との信頼関係: 患者さまが医師を信頼し、安心して治療を受けられる関係を築けるかどうかを考慮します。

・アフターケア: 長期にわたるアフターケアの体制が整っているかを確認します。

 

患者さまのための最終アドバイス

・積極的な情報収集: 治療に関する情報は積極的に収集し、疑問点は事前に医師に確認することが大切です。

・セカンドオピニオン: 不安がある場合は、セカンドオピニオンを求めることも一つの選択肢です。

・治療の期待値とリアリティの認識: 最終的な治療結果に対する期待値を現実的なものにし、過度な期待はせずに、医師の意見を信頼しましょう。

・健康状態の管理: 治療前には全身の健康状態を最適化し、インプラント治療の成功率を高めるための体調管理に努めます。

 

このガイドに沿って慎重にクリニックを選び、治療に臨むことで、東京でのインプラント治療は患者さまにとって最良の結果をもたらすはずです。最終的な決断を下すにあたり、正しい情報と医師の専門的見解を基に、納得のいく治療選択を行うことが、成功への道となります。

 

 

14:東京でのインプラント治療の総合評価

 

東京でのインプラント治療の総合評価

 

東京でのインプラント治療は世界的にも高い評価を受けており、その理由は多岐にわたります。ここでは、東京で推奨されるインプラントクリニックが提供する全体的なメリット、評判が高いクリニックの特色、そして東京ならではのクリニックの特異性について、患者さまが理解しやすい形で総合的な評価を行います。

 

おすすめクリニックの全体的なメリット

東京のおすすめクリニックが提供するインプラント治療の最大のメリットは、先進的な技術と治療材料の使用にあります。これにより、患者さまは以下の利点を享受できます。

 

・高い成功率: 最新技術による精密な治療は、成功率の向上に直結しています。

・迅速な治療: 効率的なプロトコルにより、治療期間が短縮されることが多いです。

・快適な体験: 患者さまの心理的な負担を減らすための配慮が行き届いています。

 

東京で評判の高いクリニックの特色

東京で評判の高いクリニックは、以下の特色を持っています。

 

・個別化された治療計画: 一人ひとりの患者さまに合わせたカスタマイズされた治療計画を提供します。

・総合的なケア: 初診からアフターケアに至るまで、総合的な医療サービスを提供します。

・患者さまの満足度: 治療結果に加えて、サービスの質に対する患者さまの満足度が非常に高いです。

 

東京のクリニックの特異性

東京のクリニックは、以下のような独自の特性を持っています。

 

・多様性: 東京のクリニックは、多様な治療オプションを提供し、患者さまの選択肢を広げます。

・アクセシビリティ: 東京の交通の利便性を活かし、治療へのアクセスが容易です。

・グローバルスタンダード: 国際的な治療基準に則ったサービスを提供し、外国人患者さまにも対応しています。

 

東京でのインプラント治療の総合評価は、これらのメリットと特色を総合して非常に高いとされています。治療を受ける患者さまにとって、東京のクリニックは世界レベルの治療を身近で受けられる機会を提供し、その結果として生活の質の向上を実現します。患者さまがこれらの情報を基に適切なクリニックを選択し、最良の治療を受けることが、東京でのインプラント治療の成功への鍵となるでしょう。

 

 

最終決断:東京のインプラント治療への道

 

最終決断:東京のインプラント治療への道

 

東京でインプラント治療を受けるという決断は、あなたの口腔の健康はもちろんのこと、生活の質にも大きく影響します。ここでは、東京のおすすめ治療の長所、評判の高いクリニックの紹介、そして患者さまが直面する最終選択についてのアドバイスを行い、最終決断に至るまでのプロセスをサポートします。

 

東京のおすすめ治療の長所

東京でのインプラント治療は以下の長所を持っています。

 

・最先端の技術: 世界の最新技術が導入され、より安全で効果的な治療が可能です。

・高品質の材料: 長期にわたる耐久性と機能性を提供する高品質のインプラント材料が使用されています。

・総合的なサービス: 医師とスタッフによる一貫したサポートが治療の成功を後押しします。

・個別のケア: 患者さま一人ひとりのニーズに合わせたパーソナライズされた治療計画が立案されます。

 

おすすめされる東京のクリニック

おすすめする東京のクリニックは、以下の特徴を備えています。

 

・専門性の高い医師: 多くの成功例を持つ経験豊富な医師が治療を行います。

・患者さま中心のアプローチ: 患者さまの不安や期待をしっかりと理解し、納得のいく治療を提供します。

・透明な料金体系: 治療費用に関して透明性があり、予想外の費用が発生しないようにしています。

・質の高いアフターケア: 定期的なメンテナンスとフォローアップにより、インプラントの長期的な成功をサポートします。

 

患者さまの最終的な選択とサポート

最終的なクリニック選びに際しては、以下のアドバイスを考慮に入れてください。

 

・情報収集: 治療に関する情報を多角的に集め、比較検討します。

・訪問と相談: 興味を持ったクリニックを訪問し、医師との相談を通じて治療のイメージを具体化します。

・費用と価値の比較: 費用だけでなく、提供されるサービスの質を価値として比較します。

・直感を信じる: 情報に基づきつつも、あなた自身の直感も大切にすることが重要です。

 

東京でインプラント治療を受けることは、一つの旅とも言えます。その旅があなたにとって最善のものとなるよう、しっかりとした準備と、信頼できるクリニックとのパートナーシップを築くことが成功へのカギとなります。最終決断はあなた自身が行うものですが、その選択があなたの期待を超える満足感をもたらすことを願っています。

 

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド

監修:山手歯科クリニック(大井町・戸越公園)理事長/齋藤和重

インプラントを長持ちさせるには「歯磨き」が重要なポイント|治療後の歯磨きについて解説

インプラントは欠損した歯の代わりに人工の歯根を埋めて土台をつくり、上にセラミック素材の被せものを装着した人工歯です。

そんなインプラント治療の歯磨きについて知っていますか。

この記事ではインプラントの歯磨きやメンテナンスについて分かりやすく解説します。

 

インプラント治療後は歯磨きが特に重要

インプラント 歯磨き

インプラント治療後は歯磨きが重要です。

インプラントはセラミック素材でつくられた人工の歯なので、虫歯になることはあり得ません。

しかし、インプラントの歯の治療を終えて安定期に入った後は、通常の歯と同様に歯磨きをしっかり行う必要があります。

なぜなら、歯根の代わりとしてインプラントの人工歯根が埋まっている周りには歯石や歯垢といった汚れがたまるからです。

細菌が繁殖すると、インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎といった歯周病に似た症状を引き起こしてしまいます。

 

インプラント周囲粘膜炎とは

インプラント周囲粘膜炎とは、インプラント周辺の粘膜が炎症を起こしている状態です。

インプラント周辺の歯茎が赤く腫れたり、歯磨きをすると歯茎から血が出たりといった症状が見られます。

そのまま放置していると、インプラント周囲炎へと進行していくので注意が必要です。

 

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎とは、インプラント周囲粘膜炎よりも症状が重く、炎症が骨まで進行した状態です。

炎症が骨まで到達したことで骨に埋め込んだインプラントがグラグラと揺れます。

さらに進行が進むと、歯槽膿漏で歯が抜けてしまうようにインプラントが抜け落ちてしまうことがあるため、注意しましょう。

 

歯磨き粉がインプラントの寿命に影響する

インプラント 歯磨き

インプラントは人工歯なので、自分の歯と同じように歯磨きしてよいのか分からないと考えている方も少なくありません。

インプラントに使用する歯磨き粉は特定のものが必要なのか・向いているもの、向いていないものがあるのかについて解説します。

 

◆使ってはいけない歯磨き粉とは?

インプラントに使用する歯磨き粉は、市販のもので問題ありません。

歯科医院で販売している歯磨き粉も良いのですが、市販の歯磨き粉でも選び方に気を付ければ大丈夫です。

 

◆研磨剤の入った歯磨き粉は?

研磨剤が含まれている市販の歯磨き粉がインプラントに使用できるのかについて解説します。

歯の表面についた汚れが、研磨剤によって綺麗に取れると愛用している方も多いでしょう。

しかしインプラント治療後に使用する歯磨き粉として、研磨剤入りはおすすめできません。

インプラント治療後だけでなく、天然歯にとっても研磨剤入りの歯磨き粉はデメリットがあることが分かっています。

確かに汚れは研磨剤によってよく取れますが、削れた部分には汚れが付着しやすくなってしまうのです。

インプラントの場合も研磨剤でダメージを受けます。

さらに研磨剤がインプラントと歯茎の間に入り込んでしまい炎症を引き起こしてしまう可能性があるため、研磨剤入りの歯磨き粉は避けた方が良いでしょう。

 

◆顆粒入りの歯磨き粉は?

研磨剤入りの歯磨き粉同様に問題となるのが、顆粒の入った歯磨き粉です。

顆粒入りの歯磨き粉には、研磨剤が含まれていることが多いのでおすすめできません。

歯科医院で販売している歯磨き粉なら、粒子の荒い研磨剤ではなく低研磨のものが多めです。

炭酸カルシウムやケイ素が含まれているものでなければ、あまり心配はないでしょう。

ご自身では判断が難しい場合は、歯科医院で相談してから使用すれば安心です。

しかし市販品をドラッグストア等で購入する際は、成分表示を確認するようにしてください。

薬剤師の方が常駐しているのなら、相談してみるのも良いでしょう。

 

◆フッ素入りの歯磨き粉は?

虫歯予防のためにフッ素入りの歯磨き粉を使用している方も多いかもしれません。

フッ素入り歯磨き粉をインプラントに使った場合の懸念点として、フッ素がインプラントを侵食してしまう可能性が挙げられます。

しかしインプラントを腐食するフッ素の濃度は「1,500ppm以上」です。

日本で市販されている歯磨き粉に含まれているフッ素の濃度は「1,000~1,500ppm」なので、特に問題はありません。

フッ素には歯を初期の虫歯から守る効果があるといわれています。

歯質の強化に役立つので、天然歯にはフッ素入りの歯磨きの使用がおすすめです。

日本の歯磨き粉のフッ素の含有量ではインプラントへの心配はありませんが、気になる場合は歯科医院で相談してから使用してください。

 

◆インプラント治療後の歯磨き粉

インプラント治療後は、インプラントに悪い影響を与えない歯磨き粉を選ぶべきです。

研磨剤・顆粒の含まれていない歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

選ぶのが難しい場合は、歯科医師や歯科衛生士に紹介してもらうと安心です。

 

インプラントの歯磨き粉は「医薬部外品」のみ

インプラント 歯磨き

歯磨き粉には大きく化粧品(ハミガキ類)と医薬部外品(薬用ハミガキ類)の2種類に分かれます。

歯磨き粉のパッケージや裏面等に記載されているので確認してみましょう。

 

◆化粧品(ハミガキ類)とは?

なぜ歯磨き粉が化粧品になるのかと思う人もいるでしょう。

しかしスッキリとした爽快感が得られる香味成分や、歯の表面の汚れを落とす研磨剤・湿潤剤・発泡剤が基本成分となる歯磨き粉は、化粧品(ハミガキ類)に分類されます。

 

◆医薬部外品(薬用ハミガキ類)類とは?

歯磨き粉には医薬部外品もあります。

医薬部外品(薬用ハミガキ類)とは、歯質を強化して虫歯を予防する効果が期待できるフッ素や、タバコのヤニを除去する効果の期待できるポリエチレングリコールなどの有効成分が添加されている歯磨き粉のことです。

成分表示をよく確認して、避けるべき成分が入っていないものを選ぶことが大切です。

 

インプラント以外の部分の歯磨き

インプラント 歯磨き

歯磨きにあたって、インプラントとそれ以外の部分を分けるべきか疑問に感じている人も多いでしょう。

インプラントの部分以外の歯磨きと、インプラント部分の歯磨きとで分けて歯磨きする必要はありません。

インプラントの部分も、天然歯と同様に汚れを丁寧に取り除く必要があります。

 

インプラントの治療過程の歯磨き

インプラント 歯磨き

インプラント治療は、一度の手術で治療が完了するわけではありません。

歯根を骨に埋める段階から人工歯を装着するまで段階を分けて、半年ほどの期間をかけて治療を進めていきます。

治療の段階ごとによって口の中の状態は異なるので、治療過程の歯磨きについて注意するべきポイントを解説します。

 

◆インプラントの歯根を埋めた後

2回法と呼ばれる治療では、最初の手術でインプラント体をアゴの骨の中に埋め込み、そのまま歯肉を縫合して閉じます。

初回の手術が終わった段階では傷口のような状態なので、刺激を与えると悪化しかねません。

そのため手術直後からしばらくは、インプラントの部分はなるべく触れないように、うがいもやさしく済ませましょう。

 

インプラント体が定着するまでは人工歯を装着できません。

傷口から細菌が入り込んで炎症が起きることがないよう、柔らかい歯ブラシを使ってやさしく磨きましょう。

細菌が繁殖する原因となる歯垢は可能な限り取り除くことが重要なので、デンタルフロスなども使用することをおすすめします。

治療をした部分以外は通常の歯磨きで問題ありません。

 

◆上の被せもの(人口歯)を装着した後

初回の手術で埋入したインプラントが定着したら、2回目の手術を行います。

2回目の手術では、1回目の手術で縫合した歯肉を切開し、中にあるインプラントに人工歯を装着して歯として使える状態にします。

 

手術後は装着した人工歯も通常の歯と同じように歯磨きしてください。

ただし、手術直後からしばらくはデリケートで炎症ができやすいため、柔らかい歯ブラシでやさしく磨きましょう。

 

傷が落ち着いてきたら、少しずつ固めの歯ブラシに変えていきます。

傷口の治るスピードには個人差があるので、歯ブラシを変えるタイミングは歯科医師や歯科衛生士に相談して決めると安心です。

 

◆治療完了後の歯磨き

治療が完了し、インプラントの歯も通常の歯と同じように使えるようになったら、インプラント治療を行う以前と同様の歯磨きで問題ありません。

ただし、インプラントの部分以外の歯周病・インプラント周囲粘膜炎・インプラント周囲炎のリスクに備えて、丁寧なセルフケアが必要になります。

そのため、歯磨き粉と歯ブラシだけのケアではなく、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使用しましょう。

可能な限り歯垢や歯石といった汚れをしっかり取り除けるよう、念入りなケアを取り入れてください。

 

しかし、どんなに念入りに歯磨きを行っても、セルフケアだけでインプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎を防ぐには限界があります。

治療の後も定期的に歯科医院に通院し、インプラントのメンテナンスを受けましょう。

メンテナンスでは、インプラント部分の状態を確認するだけでなく専用の器具を用いてクリーニングを行います。

普段の歯磨きでは行き届かない部分の汚れもキレイに取り除くことが可能です。

 

インプラントのケアで心がけたいポイント

インプラント 歯磨き

インプラント治療後のケアで心がけたいポイントを紹介します。

 

◆歯ブラシの硬さ

インプラントを装着したら、傷口が落ち着いてきた段階で歯ブラシの硬さを変えましょう。

歯ブラシの硬さは好みで選んで構いません。

ただし硬すぎる歯ブラシは歯や歯茎にダメージを与えてしまうことがあります。

それだけでなく、細かいところに毛先が行き届かなかったり、磨き残しができたりする可能性があるので、歯ブラシは「ふつう」の硬さがおすすめです。

 

◆歯ブラシの毛先

インプラント治療後は、虫歯の心配はなくなります。

しかし歯周病やインプラント周囲炎などの感染症から守るため、日頃の歯磨きで汚れを取り除くことが重要です。

歯と歯茎の隙間・インプラントと歯茎の隙間の汚れ・細菌をきれいに取り除けるよう、歯ブラシの毛先は「極細」や「超極細」と表記されている歯ブラシを使用しましょう。

毛先の細い歯ブラシを使用することで歯周ポケットに汚れがたまらないよう念入りにケアできます。

 

◆フロスや歯間ブラシを使う

歯磨き粉と歯ブラシだけで歯や歯茎、インプラントやその周りに付着する汚れを取り除くのは大変です。

インプラント治療以前は歯ブラシしか使用したことがなかった場合も、フロスや歯間ブラシ、タフトブラシ等のアイテムを取り入れて念入りにケアをしましょう。

使い方が良く分からない場合や歯磨きに自信がない場合は、歯科医院でブラッシング指導を依頼することをおすすめします。

 

ずっとインプラントを使うために

インプラント 歯磨き

インプラントのケアは自宅でのセルフケアだけでは難しいです。

治療後は、年に2回は歯科医院でのケアすることが推奨されています。

歯科医院での専門的なメンテナンスが必要な理由について解説しますので、確認してみてください。

 

◆定期メンテナンスでトラブルを未然に防ぐ

インプラントの治療後には、歯科医院でその後のメンテナンスについて説明を受けるでしょう。

少なくとも最低2年間は経過観察のためにも通院が必要です。

通院ではインプラントだけでなく天然歯の状態も確認します。

 

特にインプラントは人工物なので、メンテナンスを怠ると脱落してしまうなど、何かの拍子でダメになってしまう可能性があります。

そういったトラブルを未然に防ぐには専門的な定期メンテナンスが必須です。

 

定期メンテナンスをきちんと受けることは、トラブルの早期発見につながります。

何かしらのトラブルが見つかっても、インプラントの製造メーカーが設けた保証期間内であればすぐに対応してもらえる可能性が高まります。

 

インプラントの製造メーカーが設けている保証期間はおよそ10年前後です。

ただし保証を受けるためには、故意による損傷や脱落ではないこと・定期メンテナンスを受けていることが必要です。

治療期間や費用もかかるインプラントを長持ちさせるために、専門的な定期メンテナンスを受けましょう。

 

◆インプラント以外の歯や歯周病のケア

インプラントの定期的なメンテナンスを受けるのは天然歯にとってもプラスです。

治療後に注意すべきインプラント周囲炎等の病気は、歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間に汚れが蓄積して、そこに住み着いた歯周病菌が原因となり発症します。

歯周病にかかるのを注意しなければならないのは、インプラントだけでなく天然歯も同じです。

 

また天然歯はインプラントと違って、虫歯も防がなくてはいけません。

インプラントのメンテナンスで日頃のケアでは行き届かない場所のクリーニングをすると、天然歯にとっても虫歯の原因となる歯垢や歯石を取り除ける良い機会なのです。

 

◆インプラントはメンテナンス次第で半永久的に使える

インプラントはしっかりセルフメンテナンスと専門的なケアを継続すると、耐用年数といわれている10年は使用できるでしょう。

過去には40年以上もインプラントを使うことができたという症例もあります。

メンテナンスによっては、一般的な寿命以上に使い続けられる可能性があるのです。

それには適切なケアを怠らないことが必須の条件になるといえるでしょう。

 

日々のコツコツでインプラントを保つ

インプラント 歯磨き

インプラントを長持ちさせるためには、歯磨きをはじめとした適切なメンテナンスが重要だとお分かりいただけたでしょう。

何らかの事情により、インプラント治療を行った歯科医院に通院できなくなったり、定期的なメンテナンスができなくなってしまったりした場合には、インプラント治療の取扱いがある歯科医院に相談してみることをおすすめします。

日々コツコツと歯磨きによるセルフケアを行い、専門的な定期メンテナンスとのダブルケアでインプラントを守っていきましょう。

 

監修:理事長/齋藤和重

前歯を失った場合の治療法|インプラントは難しい?費用や注意点を解説

歯を失ってしまった場合、そのまま放置するわけにはいきません。

特に前歯は目立つので、失った場合は身だしなみの点から見ても治療を急ぐ場合が多いのではないでしょうか。

本記事では、前歯のインプラント治療の費用や注意点などについて分かりやすく解説します。

 

前歯を失った場合の治療法

前歯 インプラント 費用

虫歯や歯周病、またはスポーツや事故など、前歯を失う原因にはさまざまなものがあります。

前歯を失ってしまった場合の治療方法として、選択肢は3つです。

入れ歯、ブリッジ、インプラントそれぞれの特徴について解説します。

 

入れ歯

前歯を失った場合、部分入れ歯で補うことが可能です。

入れ歯では失った歯の部分を樹脂でできた人工歯で補い、両隣の歯に金属を引っ掛けることにより固定します。

入れ歯はバリエーションも多く、保険適用になるため費用も抑えることができるのがメリットです。

しかし入れ歯を安定させるために両隣の健康な歯に負担をかけることになるのがデメリットとなります。

取り外しが可能なので、お手入れの面では衛生的ですが、慣れるまで違和感があったり、食事や会話のしづらさを感じたりするかもしれません。

 

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の部分を人工歯で補って、両隣の歯には被せものを装着して固定する治療方法です。

被せものを装着するためしっかり固定でき、保険適用のものも選べるため費用が抑えられます。

しかしブリッジの場合も失った歯の両隣の歯に負担をかけることになるのがデメリットです。

ブリッジでは、被せものを装着するために健康な両隣の歯を削らなくてはなりません。

削ってしまうと元には戻らないため、慎重に決断する必要があります。

また、ブリッジと歯茎の隙間に食べカスなどの汚れが溜まりやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まるのにも注意が必要です。

 

インプラント

インプラントは歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、その上にセラミック素材でつくられた人工の歯を被せることによって歯を補う治療法です。

構造的に天然歯に一番近いため、見た目も自然に仕上げられます。

また、失った歯の部分だけを治療するため、両隣の健康な歯を痛める心配がありません。

インプラントのデメリットは、保険適用外になるので他の2つの方法に比べて治療費が高くなることです。

しかし、インプラントはお手入れによっては半永久的に使用することができます。

他の2つに比べても耐用年数が長くなるため、費用の高さは一概にデメリットだともいえないでしょう。

 

インプラントの治療費相場

前歯 インプラント 費用

インプラント治療費は、保険適用外であるうえに、外科的な処置になることもあり高額になるケースが多いです。

インプラントの治療費の相場について解説します。

 

奥歯1本あたりの治療費相場

奥歯をインプラント治療する際の治療費は、地域や歯科医院によって上下することもありますが、約30~50万円が相場です。

奥歯は力を入れるときに噛み締めたり、食べものを良く噛んで飲み込みやすくしたり、消化しやすくすることで胃腸の負担を軽減したりと重要な役割を担っています。

強い力のかかる大切な部位であるため、インプラント治療を選択するメリットは大きいといえるでしょう。

 

前歯1本あたりの治療費相場

前歯1本あたりのインプラント費用の相場は奥歯より少し高めです。

奥歯に比べると、前歯では見た目の美しさが求められることから、人工歯の制作費用が高くなる傾向があります。

前歯は顔の中でも中心に位置しているため、審美性が求められる重要なパーツの1つです。

そのため、できるだけ自然で違和感のないように仕上げる必要があります。

前歯のインプラント治療では、天然歯のように自然な見た目と機能性を回復するために「歯槽骨(歯を支える骨)」と「歯茎」のベストバランスを実現させなければなりません。

 

前歯のインプラントは難しい

前歯 インプラント 費用

前歯のインプラントは、奥歯のインプラントの治療費に比べて高額になる場合があります。

理由としては、前歯が奥歯よりも見た目が重視されることに加えて、前歯のインプラント治療の難しさが関係しています。

前歯のインプラントが難しいといわれるポイントについて解説します。

 

骨が薄い

前歯のインプラントが難しいといわれるのには、骨が薄いことがあげられます。

前歯が埋まっている骨の厚さというのは、健康な人であってもハガキ1枚分程度だといわれています。

そこへインプラント体を埋め込むのが非常に難しいのです。

健康な状態でも難しいのに、前歯が失われた原因が虫歯や歯周病である場合には骨が溶けてしまっていて「ほとんど骨が残っていない」というケースもあります。

 

歯茎が下がる

歯茎が下がるのも、前歯のインプラントが難しい理由です。

前歯にインプラントを埋める際には、骨が壊れてなくなってしまう骨吸収が起こる可能性があります。

骨吸収が起こると生じるのが、歯肉退縮という歯茎が下がる現象です。

それによってインプラントの金属部分(人口根)が露出してしまう場合があります。

また、年齢・歯垢・歯石によって歯茎が下がることもあるので、歯茎がどのくらい下がる可能性があるのかということも考えながら治療しなくてはなりません。

 

技術・知識・経験を要する

前歯のインプラントは、奥歯のインプラントに比べて見た目を非常に意識する必要があります。

「噛む」といった機能的なことはもちろん、見た目を自然かつ美しく仕上げるためには技術と知識、さらにインプラント治療に豊富な経験を持ち合わせているかが重要です。

前歯のインプラントには高度な技術が必要になることから、治療費に技術への対価が含まれている場合もあるでしょう。

 

前歯のインプラントの注意点

前歯 インプラント 費用

前歯のインプラント治療では、「骨吸収」や「歯肉退縮」といったことが起こる可能性があります。

そのようなことが起こった場合、インプラントが抜けてしまうことも考えられるため、見た目の問題どころではありません。

骨吸収や歯肉退縮では、通常の手術に加えて、骨の厚みを出したり歯茎のボリュームを出したりする手術が必要です。

 

骨の厚みや高さを出す手術

インプラント治療において、骨の厚みや高さが足りない場合に歯槽骨を再生する方法として、GBR(骨再生誘導法)というものがあります。

骨を増やしたい部分を「メンブレン」という人工膜で覆い、その中に自家骨(自分の骨)や人工の骨補填材を詰めて骨芽細胞の増殖を促す方法です。

自分の骨は一般的に下顎の先端や下顎の奥歯側から採取します。

 

歯茎のボリュームを出す手術

インプラント治療において、歯茎のボリュームを出す方法が、FGG(遊離歯肉移植術)とCTG(結合組織(歯肉)移植術)です。

FGGは、遊離歯肉といって歯に付着していない先端部分の歯肉や歯茎を、ボリュームを出したい場所に移植することをいいます。

角化歯肉を増加させることができるため、審美性や清掃性が高まる上、歯の寿命を延ばすことが可能です。

CTGは、歯肉の硬い部分の下にある結合組織のみ移植を行って、移植元に対しては再生・移植先に対しては審美性と機能性を改善する治療法をいいます。

歯根面を覆う周囲の歯肉に対して厚みを増加させることができるので、審美的に優れた被せものを入れることが可能です。

 

インプラント治療は医療費控除の対象

前歯 インプラント 費用

インプラントは高額な医療費になるため、医療費控除の対象となります。

「医療費控除」という言葉を聞いたことはあるけれど、よくわからないという方に向けて解説します。

 

医療費控除とは

医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、所得税や住民税において受けることができる控除になります。

特に申請書のフォーマットなどはありませんが、年末調整では申請することができず、確定申告が必要です。

確定申告を行うことで、支払った治療費の一部が還元されることになります。

 

医療費控除の申請方法

具体的な医療費控除の申請方法は以下のとおりです。

    • 医療機関に支払った治療費の領収書や通院にかかった交通費の合計を計算する
    • 源泉徴収票(給与所得者の場合)と印鑑、振込先金融機関の口座番号を用意する
    • 確定申告書に記入し、提出する
    • 後日、指定した口座へ還付金が振り込まれます。

なお、控除対象の医療費には、治療費だけでなく交通費や薬代も含まれますが、駐車場は含まれませんのでご注意ください。

 

インプラントの治療費の支払い方法

前歯 インプラント 費用

保険適用外の診療になるため高額になりがちなインプラントの治療費ですが、どんな支払い方法があるのでしょうか。

歯科医院によっても異なりますが、インプラントの治療費相場は1本あたり30~50万円です。

そして本数が増えるにつれて金額は上がっていきます。

一般的なインプラントの支払い方法について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

現金

どこの歯科医院でも、現金でのインプラント治療費の支払いは可能でしょう。

一括払いのみ可能という歯科医院が多いかもしれません。

しかし院内独自で分割払いの方法を取り入れている歯科医院もあります。

「現金払いが好ましいけれど一括で支払うのは難しい」という場合、歯科医院に相談してみると良いでしょう

また高額な治療費を持ち歩くのが不安だという場合も歯科医院に相談してみるのがおすすめです。

銀行振込での支払い対応を選べるかもしれません。

歯科医院独自で分割払いができる場合は金利がつかないケースが多いため、手数料負担が軽減できます。

 

クレジットカード

歯科医院によっては、インプラントの治療費をクレジットカードで支払うことができます。

手持ちのクレジットカードで決済できれば、新しく審査などを受ける必要もありません。

クレジットカードで支払う場合、歯科医院によっては分割払いを選択できることもあるでしょう。

歯科医院で分割払いが選択できなかった場合でも、クレジットカード会社に連絡して後から分割払いに変更することができる可能性があります。

しかし、クレジットカードで分割払いを選択した場合には分割手数料が発生するので注意が必要です。

手数料分総額が増えることになるので、確認しておきましょう。

 

デンタルローン

インプラントの治療費には、歯科治療専門の「デンタルローン」での支払いに対応している歯科医院があります。

デンタルローンを提供している会社が治療費を立て替えて歯科医院に支払ってくれる仕組みです。

その後は毎月分割でデンタルローン会社に治療費を返済していくことになります。

契約は「本人・デンタルローン会社・歯科医院」の三者間です。

歯科医院と提携しているデンタルローン会社を使用することになるため、自分でデンタルローン会社を選ぶことはできません。

デンタルローンを利用するには、審査に通る必要があります。

アルバイトやパートなど継続した収入が不安定だとみなされた場合「保証人」が必要となるかもしれません。

デンタルローンでインプラントの治療費を支払う場合、クレジットカードと同様に金利手数料が発生するので注意してください。

 

支払い方法は慎重に決定しましょう

クレジットカードやデンタルローンは、歯科医院によって利用できる会社が決まっているケースがほとんどです。

現金以外の方法を選択する場合には、金利手数料がかかります。

そこで手数料がどのくらいかかって、治療費の総額がどのくらいになるのかあらかじめ計算しておきましょう。

一般的にクレジットカードの金利手数料は15%程度、デンタルローンの金利手数料は5~8%で、デンタルローンの方が金利手数料は低く設定されています。

支払方法の取扱いについては、歯科医院に相談してみましょう。

 

前歯の治療にインプラントは適している

前歯 インプラント 費用

前歯を失った場合の治療法、インプラントで注意することなどについて解説してきました。

見た目の自然さや美しさから、前歯の治療にはインプラントの選択が適しています。

他の歯を傷つけないため、機能性でも適しているといえるでしょう。

歯が失われた部分をそのままにしておくと、歯並びや噛み合わせにも徐々に影響を及ぼすことにもなります。

そこで前歯を失ってから、できるだけ早く治療をはじめることが大切です。

治療が完了するまである程度の期間がかかるインプラントですが、前歯の場合は必ず仮歯によって見た目を整えるので心配ありません。

ご自身の前歯のインプラントが難しいケースなのか、そうでないかも含めて、まずは歯科医院へ相談してみることをおすすめします。

 

監修:理事長/齋藤和重

東京(港区周辺)でインプラントの専門医を選ぶ|チェックすべきポイントについて解説

安心してインプラント治療を受けられる歯科医院を見つける方法を知っていますか。

インプラントは外科的要素が大きく、高度な技術を必要とする手術である上に、保険適用外のため費用も高額です。

この記事では、安心してインプラント治療を受けるために信頼できる歯科医院を選ぶポイントについて解説します。

 

インプラントはどんな治療法?

港 区 インプラント

インプラントとは、歯を失った部分に人工の歯根を埋入して、作った土台の上にセラミック素材の人工歯を被せて歯を補う治療法です。

従来は歯を失った場合の治療法は入れ歯かブリッジでしたが、インプラントは第三の治療法として1960年代に登場して以降、どんどん進歩して今に至ります。

インプラントは保険適用外で基本的に自由診療なので治療費は高額です。

しかし他の2つの治療法と比べて、見た目が自然で綺麗に仕上がるため、女性を中心に人気の高い治療法となっています。

 

インプラントと入れ歯とブリッジの違い

インプラント・入れ歯・ブリッジの特徴を簡単にまとめると以下のとおりです。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
寿命 半永久的 7~8年くらい 7~8年くらい
特徴 ●保険適用外

●機能性:天然歯と変わらない

●審美性:見た目が自然で綺麗

●保険適用

●機能性:咀嚼力が低下する

●審美性:入れ歯のバネが目立つ

●保険適用

●機能性:天然歯と変わらない

●審美性:金属部分が目立つ

●インプラント

ブリッジや入れ歯と比較すると、インプラントが一番本来の歯に近い構造だといえます。

また、失った歯の部分のみに施術を行い両隣の歯に負担をかけることがほぼ無いため、おすすめの治療法です。

 

●入れ歯

入れ歯は、数本の歯を失ったしまった部分に人工の歯を人工樹脂によって連結させて作成したものです。

部分入れ歯の場合は両端に金属を付け、健康な両隣の歯に金具を固定して装着します。

主に3本以上の歯を失った場合の治療法として適しており、すべての歯が無いケースでは、総入れ歯を装着します。

 

●ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削って、「人工の歯と支える両隣の歯に装着する被せものを連結させたもの」です。

主に失った歯が1、2本の場合に行う治療法です。

削った両隣の歯に負担がかかるため、支える歯の寿命が縮まってしまいます。

 

インプラントはどこの歯科医院でもできる?

港 区 インプラント

インプラントは、歯科医師であれば誰でも治療をする資格があります。

しかし、どこの歯科医院でもインプラント治療が受けられるのかというと、そうではありません。

なぜならインプラントは外科手術を伴うこともあり、整った設備も必要になるほか、高い技術と豊富な知識を必要とする高度な歯科医療だからです。

インプラント治療を診療内容に含んでいない歯科医院もあります。

 

インプラント認定資格制度

インプラントは歯科医師であれば治療を行う資格を有していますが、認定資格制度もあります。

「認定資格」は何にあたるのかというと、インプラントの標準的な診断・治療方法の選択・適切な処置が行える医師であることを見極めるための指標の1つになるものです。

インプラント専門医とは、日本口腔インプラント学会が、インプラント治療の知識や経験を持つものとして認めた歯科医師に交付する資格認定制度になります。

 

インプラントの「専門医」とは?

港 区 インプラント

インプラントの専門医とは何なのかについて詳しく解説します。

 

インプラントの資格はいろいろある

インプラントの認定資格は、日本口腔インプラント学会以外にも、インプラントメーカーが認定しているものなどが存在します。

比較的取得することが可能なものから、一定の水準以上にクリアしていないと得られないものまで、資格もさまざまです。

ここでは、一例として日本口腔インプラント学会の認定する「インプラントの専門医」について紹介します。

 

インプラント専門医の資格について

日本口腔インプラント学会の場合、インプラント専門医になるためには、学会や講座を受講して知識を深め、専門の研究施設にて指導医のもと経験を積む必要があります。

試験や論文など、幅広い知識や経験を重ねた上で推薦をもらわないと認定されないので、インプラント治療を受けるための歯科医師選びの際に基準の一つとして確認しても良いでしょう。

クリアしなければならない条件は以下のとおりです。

  • 5年以上インプラント学会の正会員である
  • 口腔インプラント指導医が勤務している研究施設にて通算5年以上勤務している
  • 専門医教育講座に3回以上の参加がある
  • 学術大会にて2回以上発表を行っている
  • 口腔インプラント指導医の2名以上からの推薦が得られる
  • ケースプレゼンテーション試験に合格している
  • インプラント学会が認めた外国誌に論文を1編以上発表している

また、このインプラント専門医は更新制になっていて、積極的にインプラントに注力して新しい技術や情報を得ている歯科医師が多いのが特徴です。

学会や勉強会で自身が治療した患者以外のケースを学べ、他の医師との意見交換で知識や情報を得られるので、資格を有していることは歯科医師選びの判断基準になります。

 

資格の肩書が必ずしも歯科医師の技術や知識を保証するものではない

上記で紹介した資格はインプラント治療において、優れた専門知識や技術を有していることを証明するものになります。

しかし資格を有していないからといって、必ずしもその医師に知識や技術がないとは限りません。

資格を有していなくとも、豊富な臨床経験を経て経験値による知識と技術を持つ優れた歯科医師はたくさん存在します。

専門員の資格を得るための論文・学術大会・講座には時間が必要です。

すでにたくさんの患者さんを抱えている歯科医師であれば、毎日の診療でスケジュールが忙しく、あえて資格を取得していないというケースもあります。

 

担当医を選ぶ際にチェックしたいポイント

港 区 インプラント

インプラント治療を依頼する担当医を選ぶ際に押さえておきたいポイントを紹介します。

 

インプラントの実績

インプラントの治療自体は危険なものではありません。

ただし外科手術になるため、歯科医師のスキル不足・経験不足が事故や失敗につながってしまうという側面があるのは確かです。

そのため、インプラント治療をお任せする歯科医師のインプラント治療の実績と経験を確認することが安心につながります。

 

カウンセリングや治療説明の丁寧さ

インプラントの治療は他の治療法に比べると治療期間がかかり、治療後も定期的なメンテナンスが必要になるため、必然的に担当医と長い付き合いになります。

メリットだけでなく、デメリットやリスクも踏まえて説明してくれているか、インプラント以外の治療法についても選択肢を示してくれているか、という点もよく見極めてください。

また不安・懸念・治療においての希望などについても丁寧に聞いてくれる、といった寄り添いが感じられるかどうかも大きなポイントです。

 

治療費や治療期間が明瞭

インプラント治療は保険適用外の自由診療になるため、費用も高額になります。

「そんなことは聞いてなかった」というような行き違いやトラブルが起きないように、治療費・治療期間・治療計画・保証内容などの説明はしっかり確認しておくことが重要です。

説明漏れや聞き漏らし、理解や同意の行き違いが発生しないよう、書面による説明やプランの提示があるかという点も確認しておきましょう。

 

フォローやメンテンナス

インプラントを長持ちさせるためには、お口の中の全体的な健康を維持していくことが大切です。

インプラントの部位だけを治したり、メンテナンスをしていったりすれば良いだけではありません。

インプラント治療を行うと、その後も定期的な検診とメンテナンスに通うことになります。

その際のフォローやメンテナンスにおいて、お口の中全体の状態を考えて対応してくれるかどうかは非常に大切なポイントです。

インプラントや虫歯だけでなく、歯周病やかみ合わせ等も診てくれているかという点も確認しておきましょう。

 

インプラントを受ける医院を選ぶポイント

港 区 インプラント

インプラントを受ける歯科医院を選ぶ際のポイントについて解説します。

 

医院が清潔である

医院は清潔であることが第一なので、歯科医院の清掃レベルもチェックしておきましょう。

清掃が行き届いていない歯科医院では、高いレベルの治療が難しくなります。

衛生面に不安がある医院で治療を受けることはおすすめできません。

 

治療器具の滅菌が徹底している

インプラントは外科治療です。

何よりも安心・安全に配慮し、徹底した滅菌と感染症対策が非常に重要です。

精度の高い安全な歯科治療を提供するために、滅菌環境を完備し、手術室の衛生面においても徹底管理している歯科医院を選びましょう。

 

設備が整っている

精密な検査ができるよう、設備が整っている歯科医院を選びましょう。

顎の骨にはくぼみがあって神経や血管が多く通っており、複雑に入り組んでいます。

この神経を傷つけてしまった場合には、唇や顎の周囲に知覚の麻痺や鈍麻や痺れといった後遺症が残ってしまうようなケースが起こり得るのです。

レントゲン写真だけでは精密な判断は難しいため、安全かつ正確な手術を行うためには歯科専用CTなどの精密な機械での検査が不可欠となります。

 

検査が念入りである

歯科医院によっては手術を行う医師ではないスタッフがCT撮影を行ったり、カウンセリングを担当したりするケースがあるようです。

しかし実際に手術を担当する歯科医師でなければ適切な診査や診断ができず、正確な治療計画を立てることが難しくなります。

分かりやすく丁寧な説明はもちろんのこと、検査においても不安要素が残ることのないよう、念入りに対応してくれるかどうかが重要なポイントになります。

 

通いやすい距離か

インプラント治療では、定期健診やメンテナンスのために通院が必要になります。

そのため、通院しにくい場所に歯科医院があると、あとあと通院することがつらくなってくるかもしれません。

通いやすさだけを重視して選ぶわけにもいかないのがインプラント治療です。

しかし通いやすいところを選ぶことをおすすめします。

 

インプラント治療後に起こりえるトラブル

インプラント治療の担当医を慎重に選ぶ理由は、信頼して治療を受けることができるからです。

インプラントに限らずですが、どんなに注意していても治療後にトラブルが発生することがあります。

そのようなケースでも、慎重に選定した信頼できる担当医であれば、専門知識で対処することができるでしょう。

インプラント治療後に起こり得るトラブルをいくつか紹介します。

 

インプラントの脱落

インプラントが骨と結合できず、脱落してしまうことがあります。

その主な原因はドリルのオーバーヒートです。

骨にドリルで穴をあける際に、ドリルが高温になりすぎて、骨が損傷することによって起こります。

また、インプラントを埋め込む際に角度や深度が不適切だった場合にも起こるトラブルです。

適切な位置に埋め込まれなかったインプラントには大きな負担がかかるため、結合できずグラグラしたり、脱落したりします。

 

周辺組織の炎症

インプラントの術後に周辺組織が炎症してしまうケースがあります。

その原因として考えられるのがメンテナンス不足です。

汚れが取り切れずに細菌が繁殖してしまったことで周辺組織が細菌に感染して炎症を起こします。

歯茎の腫れや出血を引き起こし、進行していくとインプラントがグラついてくるようになり、最悪の場合抜けてしまうこともあるので注意が必要です。

日々のセルフケアはもちろん、歯科医院での経過観察とメンテナンスを徹底しましょう。

 

インプラントの被せものが取れる

インプラントは骨に埋め込んだ歯根を土台として、上部には冠部分を被せた2つの構成でできています。

連結しているアパッチメントの締め付けが不十分であった場合、被せものが取れてしまうかもしれません。

また上の被せものが取れてしまう要因の一つに嚙み合わせが合ってないケースも挙げられます。

嚙み合わせがズレてしまったことによって負荷がかかり、外れてしまうのです。

その場合は装着してもらうときに嚙み合わせを調整してもらうようにしましょう。

 

インプラント治療は専門医を慎重に選ぼう

港 区 インプラント

本記事では、インプラント治療を受ける前の歯科医院選びにおいて、チェックしておくべきポイントについて紹介いたしました。

信頼できる歯科医院、歯科医師に依頼することで、手術もその後の経過観察やメンテナンスも安心して過ごすことができます。

インプラントを検討中の方は、ぜひ今回紹介した注意点やポイントを頭において、ご自身にとって最適な歯科医院を選びましょう。

 

監修:理事長/齋藤和重

インプラントの特性を知る|インプラント治療の腫れの原因や対処法について解説

インプラント治療を検討する際に、腫れ・痛みが気になる方は少なくありません。

どの程度腫れるのか・どのくらい腫れるのか・痛みはどれほど続くのか、その腫れや痛みにどう対処するのが適切か把握しておくことは大切です。

この記事では、インプラント治療の「腫れ」や「痛み」について解説します。

インプラントとは?

インプラント 腫れ

歯科で「インプラント」といえば、失われた歯根に代えて人工歯根を顎の骨に埋め込み、それを土台にしてセラミック素材などで作った人工の歯を取り付けて欠損した歯を補う治療のことを指します。

一般的には単に「インプラント」と呼ばれていますが、正式名称は「口腔インプラント」または「歯科インプラント」です。

 

インプラントの治療内容

インプラント治療は虫歯治療や入れ歯やブリッジなどの失った歯の治療に比べて、長い期間を要することが多いです。

カウンセリング(インプラントの相談)からのインプラント治療の大まかな流れは、以下の通りとなります。

    • Step1:診査診断と治療プラン
    • Step2:インプラント手術
    • Step3 :人工歯の取り付け
    • Step4:インプラントのメンテナンス

詳細を解説いたします。

 

Step1:診査診断と治療プラン

模型やCTなどによる十分な診査と診断を行い、いくつかの治療プランが提案されます。

また、インプラント手術の内容、治療にかかる期間、費用について説明が行われるのもこの時です。

 

Step2:インプラント手術

歯を失った部分へインプラントを埋入する一回目の手術が行われます。

手術は、埋入する本数によっても異なりますが、1時間前後で終了です。

手術は局所麻酔をして行われるため痛みはありません。

笑気ガスなどの不安を和らげる麻酔も併用して行われます。

手術後には痛みが出ますが、1~2日程度で落ち着くことがほとんどです。

 

Step3 :人工歯の取り付け

一回目の手術の後、インプラントが顎の骨にしっかりと定着するまで、およそ2~6か月ほど待機期間があります。

その後、インプラントのヘッドの部分を歯肉の上へと露出させるための2回目の手術を行う場合もあるでしょう。

インプラントの上に土台を取り付け、その上にセラミック素材などで作られた人工歯を取り付けます。

 

Step4:インプラントのメンテナンス

インプラントは装着して終わりではありません。

正しいホームケアを行うとともに、定期的に歯科クリニックにて専門的なケアを行うことが重要です。

インプラントを長く、良い状態で使い続けるために、3~6か月に1回は定期健診とメンテナンスケアを行いましょう。

 

インプラント治療の痛み

インプラント 腫れ

痛みの感じ方には大きな個人差があります。

あらかじめどんな場面で痛みを感じるポイントがあるかを把握しておくと心構えができるため、気分も変わってくるでしょう。

インプラント治療を行う際には、どんな痛みが想定される場面があるのかについて解説します。

 

麻酔をする痛み

まず考えられるのが麻酔をする痛みです。

インプラント手術の間には、歯茎に局所麻酔をします。

局所麻酔は通常の虫歯治療の際に使用する注射の麻酔と同じものが使われますが、麻酔の注射自体が苦手で痛みを感じる方も少なくありません。

なるべく痛みを感じないようにできる限りの工夫は行われますが、人によっては痛みを強く感じるでしょう。

 

手術による痛み

通常、麻酔が効いていれば手術の際に痛みを感じることはありません。

麻酔の効きが悪い場合でも追加できるので、安心していただいて大丈夫でしょう。

しかしインプラントの手術では骨を削るので、その際の振動を感じたり、押される感じがしたりすることがあります。

手術に対して恐れや不安があるとそれもストレスとなって、思ったよりも痛みに対して敏感になるかもしれません。

不安感がぬぐえないなど、心配がある場合は手術前に歯科医師に相談してみましょう。

 

手術後の痛み

インプラントの手術後に麻酔が切れると、抜歯した時のような痛みが出てくるでしょう。

インプラントの本数が多かったり、骨造成手術を行ったりした場合は、より痛みが強く出る恐れがあります。

痛み止めが処方されますので、出された痛み止めを服用すれば、次第に痛みは落ち着いてくるはずです。

1~3日ほどで落ち着いてくることがほとんどなので、あまり心配しすぎないようにしてください。

ただし、3日経っても強い痛みがおさまらない場合には、歯科医師に連絡してみましょう。

 

インプラント治療の腫れ

インプラント 腫れ

インプラントの治療では多かれ少なかれ腫れが発生します。

多くの場合、手術を行った組織が傷を治すために反応して腫れを引き起こしているので、心配しなくても大丈夫です。

どんな時に腫れるのか、どのくらい腫れるのかについて解説します。

 

腫れに伴う痛み

インプラントの手術では歯茎を切開し、骨を削り、インプラントを埋入するため、歯肉の腫れや出血を伴うのが一般的です。

組織を切ったり、削ったりするのですから痛みが出ますし、腫れも伴います。

 

腫れる期間

インプラント手術後の強い痛みは1~3日ほどで落ち着いてきますが、腫れはもう少し続きます

腫れも個人差はありますが、数日~2週間ほどでおさまってくることがほとんどです。

 

手術直後の腫れ

手術直後の腫れは、手術による歯茎の切開や骨を削ったことが原因であり、正常な反応なので心配ありません。

違和感があったり、痛みがあったりと落ち着かない状態でしょう。

汚れや細菌からご自身を守るためにも、口腔内を衛生的に良い状態を保てるようにケアを行ってください。

 

治療完了後の腫れ

インプラントの治療からだいぶ期間が経っても腫れや違和感がおさまらない場合、インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎といった炎症を引き起こしている可能性が考えられます。

インプラント周囲炎は進行のレベルによって「軽度・中度~重度・重度以上」の三段階です。

炎症が進んでいくと、最悪の場合には骨が溶けてしまう可能性があります。

インプラントにぐらつきや脱落が出ることもありますので、早めに医師に相談してください。

炎症の予防対策として効果的なのは、清潔な口腔内を維持することです。

日々の歯磨きでセルフケアを行い、定期的な歯科でのメンテナンスで腫れが起きないように守っていきましょう。

 

腫れや痛みがひかないとき

インプラント 腫れ

インプラント治療後に強い腫れが落ち着かない場合、インプラントの結合がうまくいっていない可能性や細菌に感染してしまった可能性があります。

腫れが引かないときに考えられる理由も見ていきましょう。

 

●細菌による感染

手術中や手術後に患部が衛生的に悪い状態になると、細菌に感染してしまい腫れや痛みを引き起こす可能性があるでしょう。

口の中には、300~700種類の細菌が生息しているといわれます。

カンジダ菌・黄色ブドウ球菌・緑膿菌・肺炎桿菌など、たくさんの細菌が混在している状態です。

そのため、インプラントの手術では常に細菌に感染するリスクが伴います。

また、免疫力が低下すると最近は増殖してしまいますので、体調への注意が必要です。

細菌は口蓋や舌の表面にも潜んでいますので、歯だけでなく舌や粘膜の清掃もしっかり行うように心がけましょう。

 

●外科的なダメージが大きいとき

外科的なダメージが大きいときも、腫れや痛みが引かなくなる可能性があるでしょう。

手術による組織へのダメージは、医師のの技術によって大きく影響が異なります。

考えられるのが、インプラントの治療経験や手術実績に乏しい場合や、適切な準備がされていない場合などの外的要因です。

必要以上に歯茎や顎への外科的なダメージを与えてしまうことがあれば、手術後の回復にも影響を及ぼし、腫れや痛みも長引くことになります。

 

●骨のやけど

インプラントの手術では、顎の骨にインプラントを埋め込むために専用のドリルを使用します。

このドリルの取扱いが不適切だとオーバーヒートを引き起こし、顎の骨にやけどを生じる場合もあるのです。

顎の骨にやけどを負った場合、腫れや痛みが長引くことになります。

 

インプラントの腫れや痛みを軽減する方法

インプラント 腫れ

腫れや痛みが生じたら、なるべく早く落ち着かせたいものです。

そこでインプラント治療の際に生じた腫れや痛みを軽減する方法について解説します。

 

傷口をさわらない

腫れや痛みがあって傷口が気になっても、舌や指でさわらないことが大切です。

健康な人でも、舌の表面や粘膜には数百万もの細菌が棲んでいるといわれています。

無意識に舌で触ってしまわないように注意しましょう。

 

口腔内を清潔に保つ

腫れや痛みを軽減するためにも、口腔内は清潔に保ちましょう。

口腔内が不潔になると細菌に感染する危険性が大きくなります。

インプラント手術直後は手術部位を避けて通常通りの歯磨きを行ってください。

手術部位の周辺は汚れが残らないよう軽くゆすぐなどをして食べカスを取り除きましょう。

細菌を増やさないためにも口腔内のケアをしっかり行うことが大切です。

 

処方された薬を指示どおり服用する

インプラントの手術後には、消炎鎮痛剤や感染予防のための抗生物質といった薬が処方されます。

鎮痛剤は痛みが落ち着いてきたら服用しなくてもよいでしょう。

しかし抗生物質は腫れや痛みに関係なく指示された期間は必ず服用してください。

もし処方された薬を服用しても症状が引かない等、異変を感じたら早めに歯科医院に相談しましょう。

 

飲酒や喫煙は控える

飲酒は痛みや傷の腫れを大きくしてしまう可能性があるため、少なくとも手術後3日程度は控えます。

喫煙は傷の治りを悪くするほか、インプラントと骨がうまく結合しない原因にもなりかねないため、手術後は控えるようにしましょう。

喫煙に関しては、手術後でなくともインプラントを早く駄目にしてしまうリスクがあるため注意が必要です。

インプラントを長持ちさせたいと考えるのであれば、健康のためにも禁煙することをおすすめします。

 

運動や入浴を控える

手術後は運動や入浴を控えるのも大切です。

激しい運動・熱い湯船・長風呂は全身の血行がよくなります。

血流が増えると患部の腫れや痛み、出血につながるため、インプラントの手術後3日程度は控えるようにしましょう。

 

自分でできる「腫れ」や「痛み」の対処法

インプラント 腫れ

インプラント手術後の痛みや腫れを早く落ち着かせることができるよう、セルフケアでできる対策を紹介します。

腫れや痛みを感じたら、ぜひ試してみてください。

 

患部を冷やす

痛みや腫れを感じているときの患部は、強い炎症反応が起こっている状態です。

特に手術を終えた日は、痛みや腫れが強く出る傾向がありますので、できるだけ冷やすようにすると効果的です。

冷やすときに直接氷をあてるのは良くないため、冷たい水を含ませたタオルなどで冷やすようにします。

ただし、手術を受けた翌日以降は、よほど腫れや痛みが強く出ていない限りは冷やさない方が良いので注意してください。

冷やしすぎるとかえって傷の治りを遅くしてしまう可能性があります。

 

硬いものを噛まない

インプラントの手術後は、しばらくの間は硬いものを噛まないよう注意が必要です。

インプラントの手術では顎の骨に穴を開けるなどの負担をかけています。

そこで食事にはおかゆや豆腐、ヨーグルトなどの柔らかいものを選び、少しでも顎の負担を軽くすると良いでしょう。

腫れや痛みが落ち着いてきたら、少しずつ普段の食事へと戻していくようにします。

 

刺激物を食べない

刺激物を食べないのも腫れや痛みの軽減につながります。

インプラントの手術後び刺激物を取ると治りが遅くなる可能性があるため、あまり良くありません。

しばらくの間は、香辛料などの刺激物・硬いもの・熱いものなどは避けることをおすすめします。

 

腫れや痛みが長引かないインプラント治療のために

インプラント 腫れ

本記事では、インプラント治療の際に生じる痛みや腫れの原因や、対処法について解説してきました。

インプラントの治療で痛みや腫れを最小限に抑えるには、外科的なダメージを最小限に抑えることがポイントです。

歯科用CTなどの精密検査に基づいて骨の形・重要な血管・神経の位置を正確に把握して精密な外科処置を行うことで、歯茎や顎の骨に与えるダメージを少なくすることが可能になります。

技術レベルの高い歯科医師ほど、ムダのない動きで正確な外科処置を施すことが可能です。

外科的なダメージを極力抑えてインプラント治療を受けたいと考えるならば、経験豊富な歯科医師に施術してもらいましょう。

また、術中・術後の細菌感染予防の観点からも、インプラント手術は衛生的な環境で実施することが重要になってきます。

手術器具の消毒や滅菌処理が徹底されていることはもちろん、インプラント専用の手術室が完備されていると安心です。

口腔内の健康、歯の健康は身体全体の健康の入り口といっても過言ではありません。

痛みや腫れをできるだけ避け、後悔しないインプラント治療を受けるためにも、信頼できる歯科医師に施術をお願いしましょう。

 

監修:理事長/齋藤和重