歯科コラム

歯科コラム

東京、品川区の歯科医院「山手歯科クリニック」歯科コラム

インプラントの治療費は全部でどのくらいかかる?費用相場や高額になる理由を解説

インプラントの治療費は、高いというイメージを持っている人も少なくありません。

インプラント治療は決して安くはないものの、考え方次第では「高すぎるということはない」といえます。

この記事ではインプラントの治療費は全部でどのくらいかかるのか、費用相場などについて解説しています。

 

歯を失ったときの治療法と医療費相場

インプラント 全部 費用

さまざまな事情によって大人の歯が抜けてしまった場合、抜けた場所をそのままにはしておけません。

限られた治療法の中から治療法を選択することになります。

歯が抜けてしまった場合の治療相場について解説しますので、チェックしてみましょう。

 

◆歯を失ったときの治療法は3つ

大人の歯を失ってしまった際に選択肢として選べる治療法にはインプラント・ブリッジ・入れ歯があります。

前歯、奥歯どちらの場合でも、この3つの選択肢は変わることはありません。

費用・見た目・耐用年数といった条件面と、噛みやすさ・メンテナンスといった機能性を考慮しつつ、ご自身にとって最適な治療方法を選択することが大切です。

 

◆インプラント、ブリッジ、入れ歯の費用相場

「治療費」がどのくらいかかるのかも、治療方法を選ぶ決め手となるポイントの1つになるでしょう。

ブリッジと入れ歯は健康保険の適用を受けられる治療法もありますが、インプラントは「保険治療適応外」です。

そのため他の2つの治療費と比べると費用はかかります。

それぞれの治療方法の費用相場は以下の通りです。

治療内容 費用相場
インプラント 30万円~40万円
ブリッジ 2万円~3万3千円
入れ歯 5千円~1万3千円

比較するとインプラントが突出して治療費がかかるように見えます。

しかし耐用年数で考えると入れ歯は5~6年、ブリッジは7~8年といわれているのに対し、インプラントは多くの人が治療後10年経っても使用できていることがわかるでしょう。

上記のことから考えても、インプラントはお手入れをしっかりと行っていけば半永久的に使用できる可能性があります。

 

インプラントの治療費はいくら

インプラント 全部 費用

インプラント治療の費用相場がどのくらいなのか、見ていきましょう。

 

◆奥歯のインプラントの場合

 一般的な奥歯のインプラント治療の相場は、1本あたり30万円~40万円ほどです。

東京都内の場合は50万円くらいする歯科医院もあります。

インプラントは基本的に自由診療で、費用設定は歯科医院次第です。

そこで施設内の設備や歯科医師の技量、使用するインプラントのメーカーなどによっても変わってきます。

奥歯のインプラント治療の費用相場は以下の通りです。

奥歯のインプラント
項目 費用
検査・診断料 1万5千円~5万円
インプラント手術費用 15万円~35万円
上部構造(人工歯)の費用 5万円~18万円
合計 30万円~40万円

 

◆前歯のインプラントの場合

前歯は顔の中心部に位置していて見た目の美しさが求められる重要なパーツなため、抜けた歯を補う場合も自然で目立たないようにすることが重要です。

そのため前歯のインプラントは天然歯のような機能性の回復だけにとどまらず、「自然な見た目」が重要視されます。

前歯のインプラントの費用は、奥歯のインプラントとほぼ変わりありませんが、見た目のこだわりから上部構造(人工歯)に費用が高くなる傾向があります。

また、前歯の骨が薄い場合にはボリュームを整える必要があるため、手術が別途必要になることもあるでしょう。

前歯のインプラント
項目 費用
検査・診断料 1万5千円~5万円
インプラント手術費用 15万円~35万円
上部構造(人工歯)の費用 5万円~18万円
合計 30万円~40万円

 

◆全部インプラントにした場合

全部の歯を失った場合、入れ歯にするなら「総入れ歯」を使うことになるでしょう。

全部の歯がなくなったところへインプラント治療を行う場合、1本ずつ埋め込む必要なく治療できる方法があります。

それは「All-on-4(オールオンフォー)」と呼ばれる治療法で、上顎・下顎を4本のインプラントで10~12本分の人工歯を支えるものです。

「上顎」か「下顎」のどちらか一方にAll-on-4(オールオンフォー)を行った際の費用相場は以下の通りです。

全部の歯をインプラント
項目 費用
検査・診断料 1万5千円~5万円
インプラント手術費用 120万円~180万円
部構造(人工歯)の費用 6万円~180万円
合計 200万円~250万円

 

◆インプラントの種類やメーカーによっても異なる

インプラントとひと口に言っても、今ではさまざまなメーカーのものが存在しており、価格にも差があります。

歯科医院によって取り扱っているメーカーが異なることも、歯科医院ごとにインプラントの治療費にバラつきがある原因の一つです。

現在、日本で販売されている一般的なインプラントの「メーカー」と「種類」とその「価格」は以下の通りとなっています。

メーカー 上部構造 アパッチメント インプラント 総額(1本)
京セラ 8万円 8万円 16万円
ストローマン 9万円 8万円 14万5千円 32万5千円
ノーベル 9万円 10万円 20万円 39万円

 

インプラントの費用が高額な理由

インプラント 全部 費用

インプラントの治療費はどうして高額になってしまうのか、その主な原因は大きく3つあげられます。

  • 「インプラント」自体がそもそも高額である
  • 前段階の処置に費用がかかる
  • 最先端の治療法を提供するため設備費がかかっている

同じインプラントの治療を必要とする人であっても、当然のことながら口の中の状態は個々によって異なります。

インプラント治療を行うにあたり、特殊な道具や手術が必要となることもあるでしょう。

 

◆「インプラント」自体がそもそも高額である

まず根本的な原因として、インプラント自体が安くありません。

なぜなら、人体に影響が少ない金属を加工する必要があり、自然な歯の形状や色味に適した仕上がりにするための技術も必要で、口腔内で長期間使用できる耐久性も求められるからです。

例えば金属アレルギーがあっても問題なく使えるように作られていなければなりません。

インプラントの原料が高くなれば、価格もそれに伴って高くなるでしょう。

人体に影響の少ない限られた金属を使用しなければならず、機能性や耐久性も兼ね備えなくてはならない「インプラント」が高額になるのは、至極当然だといえるでしょう。

 

◆前段階の処置に費用がかかる

インプラントは前段階から念入りな検査が必要で、顎や口腔内の状況に応じた前段階の処置もあります。

前段階の処置が必要かどうかは、以下のような検査によって判断されます。

  • 歯科用CT検査:顎の骨の状態を確認する
  • 血液検査  :金属アレルギーの有無を確認する
  • 心電図   :循環器系の疾患など異常がないことを確認する
  • 歯周病検査 :歯周病に罹患していないかを確認する

すべて兼ね備えている歯科医院で検査から手術まで行える方が利便性が高いでしょう。

しかし歯科医院によっては院内に設備を有しておらず、提携している病院や別の病院で別途検査を受けてくるように伝えられる方もいます。

インプラント治療を安全に受けるために、どうしても避けられないのが前段階の検査です。

しっかり検査してクリアにしておくことで、「治療後に身体の不調をきたす」といったトラブルが起きるのを未然に防げます。

 

◆最先端の治療法を提供するため設備費がかかっている

インプラントの技術は日々進化し続けています。

そのため、歯科医師も技術と知識の向上に力を注ぎ、習得のために多額の費用を費やしているのです。

またインプラント治療という高度な技術を支えるための設備を整えることにも費用がかかっています。

医療機器だけでなく、感染症対策を始めとした衛生面の環境整備も整える必要があるため費用がかかるでしょう

 

インプラント治療のメリット

インプラント 全部 費用

高額だといわれるインプラント治療には、どんなメリットがあるでしょうか。

メリットについて解説します。

 

◆天然歯に近い感覚で噛める

インプラントは天然歯に近い感覚でしっかりと噛めるのがメリットです。

例えば、失った歯を補う治療法として入れ歯を選択した場合、慣れるまで違和感を強く感じたり、しゃべりにくさを感じたりします。

また食べ物が入れ歯に挟まってしまってしっかりと噛めないといったことに悩まされることもあるでしょう。

 

インプラントであれば、自分の歯に近い構造なので、自分の歯と同じような感覚で過ごすことができるのです。

インプラントには、劣化しにくく骨と結合しやすいという特徴を持つ「チタン」という素材が使われています。

インプラントが骨にしっかりと固定され、強い力が加わることになっても耐えることができるので安心です。

 

◆見た目の印象が良い

インプラントは見た目の良さ、審美性にも優れているところが大きなメリットです。

保険適用の差し歯をしていると色味に不自然さが拭えなかったり、部分入れ歯を使えば固定するための金属がチラ見えしてしまったりするケースが発生します。

しかしインプラントではそういったことがありません。

インプラントの人工歯の部分にはセラミック素材やジルコニアが使用されることが多く、天然歯に近い自然で美しい歯を手に入れることができます。

 

◆健康な歯に影響を及ぼさない治療法である

歯を失ってしまった場合の治療法としてインプラントを選択する最大のメリットは、なんと言っても「自分の健康な歯を犠牲にしなくてよい」という点でしょう。

インプラント以外では、失った歯の代わりの人工歯を安定させるために金属を引っ掛けたり、歯を削って被せものをして連結させたりといった、両隣の健康な歯に負担をかける方法しかありません。

インプラントは両隣の歯の健康を犠牲にすることなく、独立した形で失った歯を補うことができるので、非常に優れた治療法だといえます。

 

◆インプラントは健康面や精神面の向上にも影響がある

人間は噛むことによって脳に刺激を与えることができ、それによって脳が活性されることが分かっています。

インプラントによって、天然歯のようにしっかり噛めるようになると、健康面・精神面の向上にも良い影響を与えるのです。

 

インプラント治療のデメリット

インプラント 全部 費用

ほかの治療法では得られない優れたメリットがたくさんあるインプラントですが、デメリットもあります。

デメリットについてもチェックしてみましょう。

 

◆治療費が高額である

インプラントを検討する上で一番のネックといえば、やはり決して安いとは言えない治療費になるでしょう。

保険適用外の治療であるため、インプラント治療はどうしても他の治療に比べて高額にならざるを得ません。

しかし、お手入れ次第で長期にわたり使用することが可能なので、高額だとは一概に言えない側面もあります。

 

◆治療期間が長い

インプラントの治療は、その他の歯科治療と比較すると治療に要する期間が長いのもデメリットです。

手術以外にも抜糸や経過観察、定着期間などにより、最低でも5回は通院が必要になります。

ただし治療期間は口腔内の状態によって個人差があるものです。

詳細については担当の歯科医師に相談してみることをおすすめします。

 

◆手術が必要

インプラントの治療では、顎の骨に人工の歯根を埋め込むための手術が必要になるのもデメリットです。

麻酔をするため手術中の痛みは軽減されますが、骨を削るため腫れますし、術後1~3日程度は痛みも発生しますので、身体に負担がかかります。

持病があったり、妊娠の可能性がある場合は、前もって医師に相談するようにしましょう。

 

◆治療後のメンテナンスが必須

インプラントは治療が完了しても、それで終わりではなく定期的にメンテナンスが必須になるのもデメリットです。

メンテナンスでは、インプラントの定着状態や被せもの(人工歯)の嚙み合わせの調整や確認に加え、専門的なクリーニングなど必要に応じた処置が行われます。

インプラントを長持ちさせるためにも、メンテナンスには3か月に1回のペースで受けるようにしましょう。

 

インプラントの治療費の支払い方法

インプラント 全部 費用

現金一括でインプラントの治療費を支払える場合は、なんの問題もありません。

現金払いや銀行振込での支払いが難しい場合、クレジットカードの分割払いやデンタルローンを利用する方法があります。

ただし、歯科医院によってはクレジットカードやデンタルローンが使用できない歯科医院もあるので注意が必要です。

歯科医院によっては独自の分割支払いを実施しているところもありますので、相談してみることをおすすめします。

 

インプラントの治療費は医療費控除の対象

インプラント 全部 費用

インプラントは高額な医療費になるため、医療費控除の対象となります。

医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、所得税や住民税において受けられる控除になります。

年末調整で行うことはできないため、医療費控除は「確定申告」で手続きを行います。

 

インプラントの治療費だけでなく、治療のために通院した際にかかった交通費も費用として申告することが可能です。

また、歯科医院での治療費に限らず、他の医療機関で発生した費用も合算して計算することができます。

還付金が返戻されたらインプラントの費用が間接的に軽減できたことになるでしょう。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:医療法人スマイルパートナーズ 理事長/齋藤和重
『山手歯科クリニック大井町』
住所:東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F

『山手歯科クリニック戸越公園』
住所:東京都品川区戸越5丁目10−18

インプラントの治療期間とは?インプラントの治療の流れやメリット・デメリットについて紹介

インプラントの治療期間について知りたいと悩んでいませんか。

この記事では「インプラントの治療期間」について紹介していきます。

インプラントの治療期間は、口内状態によって多少異なり、3ヶ月~1年間ほどが目安です。

他にも「インプラントの治療期間が長くなる要因」や「インプラントのメリット・デメリット」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、インプラントの治療期間について理解を深めてください。

 

インプラントの治療期間とは?

歯の絵を虫眼鏡でのぞく様子とはてなマーク

インプラントの治療期間は、3ヶ月~1年が目安です。

手術自体は2日程度で終わりますが、インプラントと顎の骨が結合するまでに時間がかかってしまので、治療期間が長くなってしまいます。

また虫歯や歯周病がある方は、インプラント治療を行う前に治療が必要です。

さらに顎の骨の厚みが足りない方は、顎の骨を増やす造形手術なども必要になります。

インプラントの治療期間は一人ひとりの状態によって異なるので、あらかじめ確認してもらうようにしましょう。

 

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れを把握しておくと、インプラント治療をスムーズに行うことにもつながります。

具体的なインプラント治療の流れは、以下の通りです。

    • カウンセリング・検査
    • 治療費や治療計画の説明
    • 手術
    • 人工歯作製と装着
    • メンテナンス

それぞれの項目について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

カウンセリング・検査

インプラント治療を行う前には、カウンセリングと検査が必要です。

カウンセリング内容については、以下の項目が挙げられます。

  • 歯に対する悩みの確認
  • 口の中の健康状態
  • 治療方法の確認
  • 服薬歴や持病の確認

検査ではCT撮影やレントゲン撮影などを行い、骨や神経に異常がないかの確認を行います。

カウンセリングや検査内容によっては、治療期間が伸びる可能性もあるでしょう。

 

治療費や治療計画の説明

インプラント治療では、実際に治療を行う前に治療費や治療計画の説明があります。

なぜなら一人ひとりの口腔状態によって治療費は違い、予算によっても治療計画が変わってくるからです。

虫歯や歯周病がある場合には治療が行われます。

 

手術

インプラントの手術は、治療方法によって治療期間や通院回数が異なります。

基本的に外科手術は1回です。

しかし消毒や抜歯を行う必要があるので、2~4回程度の通院が必要になります。

インプラントと顎の骨がしっかりと結合されたら、人工歯を装着して手術は完了です。

顎の骨が薄い方は1年以上の治療期間が必要になるので、事前に手術と治療期間を確認しておきましょう。

 

メンテナンス

インプラントの治療が完了しても、定期的なメンテナンスが必要です。

インプラントのメンテナンスでは、以下のようなことが行われます。

  • 歯に対する悩みの確認
  • 口内チェック
  • レントゲン撮影
  • ブラッシング指導
  • クリーニング

メンテナンス費用は1回5,000円~10,000円程度です。

頻度は3~6ヶ月に1回であれば問題ありません。

メンテナンスをしっかりと行えば、20年以上も問題なく使用できるでしょう。

 

インプラントの治療期間が長くなる要因

インプラントの治療期間が長くなる要因については、以下が挙げられます。

  • 歯茎の移植手術
  • 骨誘導再生(GBR)
  • サイナスリフト・ソケットリフト法

それぞれの要因について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

歯茎の移植手術

インプラント治療を行う際に、歯茎が下がっている状態だと顎の骨が露呈してしまうので、歯茎の移植手術が必要です。

歯茎の移設手術は、通院回数が2~4回で、通院する期間は1~2ヶ月程度とされています。

歯茎の移設手術が終わっても、歯肉が安定するまで期間が必要です。

そのため治療期間が長くなってしまう要因となっています。

 

骨誘導再生(GBR)

骨誘導再生とは、顎の骨の幅や高さが不足している部分に誘導する材料を入れ、骨ができあがるのを待つという治療法です。

骨の再生医療のひとつとされており、顎の骨に問題ある方でも、インプラント治療を行えるというメリットがあります。

個人差はありますが、6~9ヶ月程度で骨が再生され、インプラント治療を行えるようになるでしょう。

治療期間は長くかかってしまいますが、インプラントを安定させるためには顎の骨が重要なので、治療が必要な場合は必ず受けてください。

 

サイナスリフト・ソケットリフト法

サイナスリフト・ソケットリフト法は、骨を増やす治療方法です

上顎骨の内部にある「上顎洞(サイナス)」に、移植骨や骨補填材を填入して、上顎骨を増やしていきます。

6ヶ月程度あれば、骨が安定してインプラント治療が可能です。

 

インプラントのメリット

インプラントのメリットを把握しておくと、自分に合った治療法か判断できるでしょう。

具体的なインプラントのメリットには、以下が挙げられます。

  • 高い審美性
  • 天然歯と同じ感覚で噛める
  • 顎の骨が痩せるのを予防できる
  • 咀嚼機能が回復する

それぞれのメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

高い審美性

インプラントは、天然歯と同じような見た目になっているので、高い審美性がメリットです。

ブリッジや入れ歯などには、天然歯と色味が異なったり、金属が見えてしまったりして、見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。

インプラントはジルコニアやセラミックを使用しているので、汚れがつきにくく、歯の色が変わりにくいのも特徴です。

 

天然歯と同じ感覚で噛める

インプラントは、天然歯と同じ感覚で噛めるのもメリットです。

顎の骨に直接人工歯を固定しているので、しっかりと噛むことができます。

入れ歯やブリッジだと他の歯や歯茎で固定されていて咀嚼力が低くなるのです。

 

顎の骨が痩せるのを予防できる

インプラントは顎の骨がやせるのを予防できるのも大きなメリッです。

入れ歯やブリッジだと咀嚼した際に顎の骨に力が届かなくなり、痩せやすくなります。

万が一顎の骨が痩せてしまうと、周囲の歯にも悪影響を与えてしまい、見た目に大きな悪影響を与えてしまうでしょう。

インプラントなら、顎の骨を痩せる方法として有効に働きます。

 

咀嚼機能が回復する

インプラントは、顎の骨に人工歯を装着するので、咀嚼機能が回復するのもメリットです。

入れ歯やブリッジなどは、周りの歯にバネや金属で固定しているので、周囲に歯に負担をかけてしまったり、咀嚼機能が低下したりするリスクがあります。

負担が大きくなってしまうと、歯が抜け落ちてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

インプラントのデメリット

胸の前で×をする女性

インプラントのデメリットを把握しておくと、治療前後のギャップを減らせるでしょう。

具体的なインプラントのデメリットについては、以下が挙げられます。

  • 治療期間が長い
  • 外科手術を行う必要がある
  • 保険対象外
  • 定期的なメンテナンスが必要

それぞれのデメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

治療期間が長い

インプラントは顎の骨と人工歯を結合させる必要があるので、治療期間が長くなってしまうのがデメリットです。

平均的なインプラントの治療期間は3~4ヶ月とされていますが、口腔状態によっても治療期間が大きく異なります。

虫歯や歯周病がある状態ではインプラント治療を受けられません。

全て治療を終わらせる必要があるので、治療期間が伸びてしまいます。

また、顎の骨が薄い方は、顎の骨を増やす手術が必要です。

治療期間はもちろん、治療費用も高くなってしまいます。

 

外科手術を行う必要がある

インプラントは外科手術を行う必要があるので、身体的負担が多く掛かってしまうというのもデメリットです。

インプラントでは、歯肉をメスで切開して顎の骨を露出し、ドリルで顎の骨に穴をあける手術を行います。

外科手術を行うと、感染症にかかってしまうリスクもあるでしょう。

高齢者の方や全身の疾患にかかってしまっている方はインプラント治療を受けられない可能性もあるので、事前に確認が必要です。

 

保険対象外である

インプラントは自由診療なので、保険対象外で治療費が高額になってしまうのもデメリットです。

歯の状態やインプラントの本数によって異なりますが、治療費は1本あたり35万程度が平均金額とされています。

入れ歯やブリッジであれば保険適用で3割負担となるため治療費を抑えられますが、定期的に新しくする必要があり、トラブルも起こりやすいでしょう。

インプラントの治療費は高いものの、長期的な視野で見れば費用を抑えられます。

 

定期的なメンテナンスが必要である

インプラントは、治療が完了しても定期的にメンテナンスが必要になるのもデメリットです。

メンテナンスを怠ってしまうと、インプラント歯周炎になりやすくなり、インプラントが抜け落ちてしまうリスクが高くなります。

定期的にメンテナンスを受けないと保証が受けられなくなってしまうので、定期メンテナンスは必ず受けるようにしましょう。

また定期メンテナンスはもちろん、普段から丁寧にブラッシングをしたり、歯間ブラシなどを使ったりするなどのケアが必要です。

 

インプラント治療が受けられない人の特徴

インプラントのリスク

インプラント治療が受けられない人には以下の特徴があります。

  • 口腔内に問題がある
  • 全身性の疾患がある
  • 年齢や健康状態に問題がある

それぞれの特徴について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

口腔内に問題がある

口腔内に問題ある方はインプラントが受けられない可能性があるので、あらかじめ注意が必要です。

具体的に口腔内の問題については、以下が挙げられます。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 上顎洞炎
  • 副鼻腔炎
  • 口腔粘膜に関わる疾患

口腔内に問題がある場合には、治療を完了させてからインプラント治療を行う必要があります。

万が一虫歯や歯周病がある状態でインプラント治療を受けてしまうと、感染症やインプラント歯周病などにかかりやすくなってしまうので注意してください。

 

全身性の疾患がある

全身性の疾患がある場合には、インプラント治療を受けられない可能性があります。

例として挙げられるのが、糖尿病や心筋梗塞、金属アレルギーなどです。

外科手術では、全身の疾患のない方に比べると、感染症にかかってしまったり術後の回復が遅くなってしったりするなどのリスクが高くなります。

全身の疾患を担っている方は、事前に担当医に相談して、インプラント治療を受けられるかどうか確認をしておきましょう。

 

年齢や健康状態に問題がある

年齢や健康上に問題がある方も、インプラント治療を受けられない可能性があります。

具体的に年齢や健康状態に問題がある方の特徴は以下の通りです。

  • 高齢者
  • 子供(小学生以下)
  • 顎骨量が少ない
  • 喫煙量が多い

しかし高齢者の方でも、健康状態に問題なければインプラント治療を受けることができるので、事前に確認をしておきましょう。

 

インプラントの治療期間について理解を深めよう!

ホワイトニングする女性

今回はインプラントの治療期間について知りたい方に向けて、インプラントの治療期間が長くなる要因やメリット・デメリットを紹介しました。

インプラント治療の流れについては、以下のとおりです。

    • カウンセリング・検査
    • 治療費や治療計画の説明
    • 手術
    • 人工歯作製と装着
    • メンテナンス

インプラントのメリットを把握しておくと、治療が自分に合っているか事前に確認することにもつながります。

今回の記事を参考に、インプラントの治療期間について理解を深めてみてください。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:医療法人スマイルパートナーズ 理事長/齋藤和重
『山手歯科クリニック大井町』
住所:東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F

『山手歯科クリニック戸越公園』
住所:東京都品川区戸越5丁目10−18

インプラントのリスクとは?インプラントのデメリットや歯科医院の選ぶポイントを紹介

インプラントのリスクには何があるのでしょうか。

この記事ではインプラントのリスクについて紹介していきます。

他にもインプラントのデメリットや、インプラントがダメになってしまう原因についてもまとめました。

ぜひこの記事を参考に、インプラントのリスクについて理解を深めてみてください。

 

インプラントのリスク

インプラントのリスク

インプラントのリスクについて把握しておくと、トラブルを未然に防ぐことにもつながるでしょう。

具体的なインプラントのリスクについては、以下が挙げられます。

    • インプラント周囲炎
    • 金属アレルギー
    • インプラントの結合が上手くいかない
    • 感覚が麻痺する
    • 見た目に悪影響が出る

それぞれのリスクについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

インプラント周囲炎

インプラントは天然歯の歯周病と同様に、インプラント周囲炎になってしまうリスクがあります。

インプラント周囲炎とは、インプラント周りの骨が溶けてしまう病気です。

症状が重症化してしまうと、インプラントが抜け落ちてしまうリスクがあります。

他の天然歯にも悪影響を与えてしまい、歯周病になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

インプラント周囲炎を予防するには、数ヶ月に1回のペースでメンテナスを行いましょう。

 

金属アレルギー

インプラントに使用される人工歯根は、人体への親和性が高いチタン製です。

しかしチタンでも金属アレルギーの原因になってしまうリスクが挙げられます。

実際に、チタン製の人工歯根によって、金属アレルギーになってしまうというケースも少なくありません。

インプラント治療を受ける前には、チタンに対するアレルギーのパッチテストを受けるようにしましょう。

 

インプラントが抜け落ちてしまう

インプラント治療は、顎の骨と人工歯根を結合させる必要があるので、結合状況が悪いとインプラントが抜け落ちてしまうリスクがあります。

インプラントが抜け落ちてしまう原因が、清掃不良による感染や喫煙です。

また、インプラントの手術時の減菌不良などが原因でインプラントが抜け落ちてしまうというケースも挙げられます。

これからインプラント治療を受けたいと思っている方は、減菌・感染症対策を徹底している歯科医院を選びましょう。

 

感覚が麻痺する

下顎には「下顎管」という大きな神経が通っているので、人工歯根を埋め込むと一時的に感覚が麻痺してしまうリスクがあります。

感覚が麻痺してしまうリスクを減らすには、歯科用CTで神経の位置を入念に確認してから治療を行っている歯科医院を選びましょう。

万が一、感覚が麻痺している状態が続いてしまう場合には、再度インプラント治療を行わなければいけない可能性があるので、なるべく早く検査をしてもらってください。

 

見た目に悪影響が出る

前歯にインプラントを埋入する場合には、見た目に悪影響が出てしまうリスクもあります。

インプラント埋入後は、骨量や歯肉が減ってしまう可能性もあるので、インプラントが見えてしまう前歯だと大きな悪影響を与えてしまうのです。

最悪の場合には抜け落ちてしまうリスクもありますので注意しましょう。

 

インプラントのデメリット

インプラントのデメリットには、以下が挙げられます。

    • 外科手術を行う必要がある
    • 治療期間が長い
    • 保険適用外
    • 歯が長く見える可能性がある
    • 定期的なメンテナンスが必要

それぞれのデメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

外科手術を行う必要がある

インプラント治療では、口腔内をメスで切って人工歯根を顎の骨に固定するため、外科手術を行う必要があります。

外科手術は身体的に負荷をかけてしまうので、高齢者や全身の疾患を持っている方は治療を行えない可能性もあるでしょう。

また、外科手術は、感染症を引き起こしてしまうというリスクもあります。

 

治療期間が長い

インプラント治療は、口腔状態や健康状態などによって異なりますが、3ヶ月~1年の治療期間が必要になります。

治療期間が長くなってしまうのは、インプラントを顎の骨に埋入して結合するまでに期間が最低1ヶ月以上かかってしまうのが原因です。

さらに顎の骨が薄かったり、インプラントと顎の骨が結合するのが遅かったりするのも治療期間に影響します。

インプラント治療を受ける際には、トラブルを避けるためにも、あらかじめ治療期間を聞いておきましょう。

 

保険適用外

インプラント治療は自由診療になるので、保険適用外で治療費が高額になってしまうのもデメリットです。

入れ歯やブリッジなどは保険適用になるため、自己負担3割で治療を受けられます。

しかし、入れ歯やブリッジなどは審美性が低く、数年に1回新しいものに変える必要があるでしょう。

インプラントなら定期的にメンテナンスを行っていれば10年以上はもつとされているので、長期的に見れば治療費は安いと言えるでしょう。

 

歯が長く見える可能性がある

インプラント治療を行う際に、医師の技術が低かったり、骨量が少なかったりすると、歯が長く見えてしまうのも大きなリスクの1つです。

インプラントがしっかりと結合していないと、顎の骨に力が伝わらずに衰えてしまい、最終的には顎の骨が細くなってしまいます。

少しでもインプラントに異常があったら、早めに治療を受けると、顎の骨が下がってしまうのを予防できます。

 

定期的なメンテナンスが必要

メンテナンスを怠ってしまうと、インプラント周囲炎になってしまったり、インプラントが抜け落ちてしまうリスクが高くなります。

インプラントは、治療完了後でも、年間で3~4回の定期的なメンテナンスが必要です。

周囲の天然歯にも悪影響を与えてしまう可能性があり、最悪の場合は天然歯が抜け落ちてしまうケースもあるでしょう。

また、定期的なメンテナンスを受けないと、インプラントの保証が効かなくなってしまうので、あらかじめ注意が必要です。

 

インプラントがダメになってしまう原因

インプラントがだめになってしまう原因については、以下が挙げられます。

  • 喫煙習慣がある
  • メンテナンスをしていない
  • 歯ぎしりをしている
  • 周りの歯が虫歯や歯周病になっている

それぞれの原因について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

喫煙習慣がある

喫煙習慣があると、インプラント周囲炎や虫歯、歯周病になってしまうリスクが高くなるので注意が必要です。

タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させてしまう作用があって、歯茎の血流を悪化させてしまい、栄養が行き渡るのを阻害してしまいます。

歯茎に栄養が行き渡らなくなると、歯石やプラークが付着しやすくなり、口腔環境が悪くなるのです。

タバコを吸っている方は、タバコの本数を減らしたり、禁煙したりする必要があります。

 

メンテナンスをしていない

メンテナンスをしていないと、歯茎や歯肉に細菌が感染しやすくなり、インプラントがダメになってしまう原因になります。

インプラントに細菌が感染してしまうと、インプラント周囲炎になってしまうリスクが高く、インプラントが抜け落ちてしまう可能性があります。

毎日入念にブラッシングなどのメンテナンスを行うのはもちろん、定期的に歯科医院でメンテナンスを行っていると、インプラントのトラブルを予防することにもつながります。

 

歯ぎしりをしている

歯ぎしりもインプラントがだめになる原因の1つです。

歯ぎしりをしていると、インプラントはもちろん、顎の骨にも大きな負担をかけてしまいます。

専用のマウスピースを着用すると、天然歯に負担をかけずに歯ぎしりの改善が可能です。

噛み合わせや歯並びが悪い場合もインプラントや天然歯に悪影響を与えてしまうので、なるべく早く治療を行うようにしましょう。

 

周りの歯が虫歯や歯周病になっている

周りの歯が虫歯や歯周病になっているのも、インプラントがだめになる原因です。

インプラント周辺の歯が虫歯や歯周病になっていると、噛み合わせが変わってしまい、インプラントに負荷がかかってしまうリスクがあります。

噛み合わせは絶妙なバランスで成り立っているものです。

歯が1本無くなるだけでも、他の歯に悪影響を与えてしまいます。

虫歯や歯周病がある状態だと、インプラントや他の歯全体に悪影響を与えてしまうので、早期治療が重要です。

 

インプラント治療で歯科医院を選ぶポイント

歯の絵を虫眼鏡でのぞく様子

インプラント治療で歯科医院を選ぶポイントについて把握しておくと、インプラントの手術で失敗してしまうリスクを減らすことにつながります。

具体的にインプラント治療で歯科医院を選ぶポイントについては、以下が挙げられます。

  • カウンセリングや問診がある
  • 治療説明が徹底されている
  • 料金が明確
  • 検査設備が整っている

それぞれの選ぶポイントについて紹介してきますので、これからインプラント治療を受けたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

カウンセリングや問診がある

インプラント治療では、カウンセリングや問診がある歯科医院を選びましょう。

カウンセリングや問診では、インプラント治療で疑問点や不安に思っていることなどを質問できるので、安心して治療を受けられます。

カウンセリングや問診がある歯科医院かどうか調べる際には、ホームページ・口コミ・評判などを確認してみてください。

それでも分からない場合には、直接電話で聞いてみることをおすすめします。

 

治療説明が徹底されている

自分の要望に合ったインプラント治療を受けるためにも、治療説明が徹底されている歯科医院を選びましょう。

料金体系への説明があれば、金銭トラブルも未然に防げます。

インプラント治療では、治療費が高額になってしまうので、金銭トラブルが多いのも事実です。

しっかりと治療説明が行われている歯科医院を選んでください。

 

アフターケアが充実している

インプラント治療で歯科医院を選ぶ際には、アフターケアが充実している歯科医院を選ぶようにしましょう。

インプラント治療後も、定期的にメンテナンスをしなければ、インプラントの寿命が短くなってしまいます。

アフターケアが無料で行える歯科医院を選ぶと、トータル費用を安く抑えることも可能です。

インプラントの寿命を長くするためにも、アフターケアが充実している歯科医院を選んでください。

 

検査設備が整っている

インプラント治療では、検査設備が整っている歯科医院を選びましょう。

検査設備が整っている歯科医院なら、トラブルになってしまうリスクを減らせます。

インプラント治療は精度の高い検査が必須です。

歯科用CTやレントゲン写真などの検査設備は欠かせません。

インプラント治療では、チタン製の人工歯根を顎の骨に結合させるために、骨や神経の位置をしっかりと把握する必要があります。

また、インプラント治療では外科手術が必要です。

感染症のリスクを最小限にするためにも、衛生管理が徹底している歯科医院を選ぶことをおすすめします。

 

インプラントのリスクについて理解を深めよう!

ピースサインをする医師

本記事では、インプラントのリスクを知りたい方に向けて、インプラントのデメリットやインプラントがダメになってしまう原因を紹介しました。

インプラントのリスクには、以下が挙げられます。

    • インプラント周囲炎
    • 金属アレルギー
    • インプラントの結合が上手くいかない
    • 感覚が麻痺する
    • 見た目に悪影響が出る

インプラント治療で歯科医院を選ぶポイントについて把握しておくと、インプラントの手術で失敗してしまうリスクを減らせるでしょう。

安全に治療を受けるためにも、ぜひ本記事を参考にしてください。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:医療法人スマイルパートナーズ 理事長/齋藤和重
『山手歯科クリニック大井町』
住所:東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F

『山手歯科クリニック戸越公園』
住所:東京都品川区戸越5丁目10−18

インプラントの失敗例とは?インプラントが失敗する理由や対策についても徹底解説

インプラントの失敗例について知りたいと考えていませんか。

インプラントの失敗例では、細菌に感染したり人工歯が固定されていなかったりといった事例があります。

本記事では失敗例のほかに、インプラントが失敗する理由やインプラント治療が失敗しないための対策についてもまとめました。

ぜひ今回の記事を参考に、インプラントの失敗例について理解を深めてみてください。

 

インプラントの失敗例

インプラント チタン

インプラントの失敗例を把握しておくと、治療で失敗してしまうリスクを最小限に抑えられるでしょう。

インプラントの失敗例については、以下が挙げられます。

    • インプラントが細菌に感染する
    • インプラントが固定されない
    • 腫れや痛みの症状が長く続く
    • 人工歯が破損する
    • インプラントの見た目が悪い

それぞれの失敗例について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

インプラントが細菌に感染する

インプラントの失敗では、細菌への感染が挙げられます。

治療を行う環境の衛生管理や、メンテナンスが不十分でないと、インプラントが細菌に感染するリスクが高くなるでしょう。

インプラントが細菌に感染してしまうと、インプラント周囲炎になりやすく、重症化するとインプラントが抜け落ちてしまう可能性もあります。

またインプラント治療を行う前に、天然歯の虫歯や歯周病などの治療が不十分な場合も、インプラントが細菌に感染しやすくなるので注意が必要です。

インプラント治療をこれから受けようとしている方は、減菌管理などが徹底している歯科医院を選ぶようにしましょう。

 

インプラントが固定されない

インプラントが固定されないのも失敗例の1つです。

インプラント治療を行っても、人工歯根と顎の骨がしっかりと固定されておらず、インプラントが欠落してしまうケースがあります。

インプラントが顎の骨と結合しなければ、噛むことができず、噛み合わせが悪くなったり歯並びが悪くなってしまったりするでしょう。

インプラントが固定されない原因には、人工歯根を埋め込む深さや位置が適切でなかったり、ドリルで骨にダメージを与えてしまったりすることなどが挙げられます。

 

腫れや痛みの症状が長く続く

インプラント治療では、腫れや痛みの症状が長く続いてしまうという失敗もあります。

腫れや痛みのピークは手術から約3日間です。

1週間も経てば治っていきますが、2週間以上たっても症状が治らない場合には、インプラントに何らかの異常があると疑われます。

原因として考えられるのが、インプラントが細菌に感染していたり、適切に埋め込まれていかったりすることです。

インプラント治療後になんらかの異常が見られたら、なるべく早く担当歯科医に診てもらうようにしましょう。

 

人工歯が破損する

インプラント治療後に人工歯が破損してしまうというケースもあります。

噛み合わせが適切ではないと、インプラントに負荷が集中してしまい、破損してしまう可能性が高くなるでしょう。

また、アパッチメントの締め付けが不十分だと、インプラントが不安定な状態になってしまい、破損の原因になります。

 

インプラントの見た目が悪い

インプラント治療後に、見た目が悪くなってしまうという失敗も少なくありません。

インプラントが細菌に感染したり、その周辺の歯が虫歯や歯周病になったりすると、歯茎が下がってしまいインプラントが長く見えてしまいます。

症状が進むとインプラントの金属部が見えてしまうので、見た目に異変があればなるべく早めに治療を受けるようにしましょう。

 

インプラントが失敗する理由

インプラント治療の痛み

インプラントが失敗する理由については、以下が挙げられます。

  • インプラントが細菌に感染する
  • 検査が不十分である
  • 治療計画に問題がある
  • 歯科医の技術が不足している
  • 医療設備や衛生管理が不十分である
  • トラブル発生時の対応が不適切である
  • 歯科医師と患者のコミュニケーションが不足している

それぞれの理由について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

検査が不十分

インプラント治療前の診察や検査が不十分だと、インプラントが失敗してしまう原因です。

治療前には歯科用CTやレントゲンなどの検査を行い、歯・骨・神経などを細かく調べる必要があります。

噛み合わせや歯並びが悪い状態だとインプラントに負荷がかかってしまう可能性があるので、しっかり調べるのが重要です。

インプラントは高い技術力や精度も必要になるので、インプラント治療を成功させるには入念な検査が必要になります。

 

治療計画に問題がある

インプラント治療を安全に進めるには、適切な治療計画が必要です。

どの部位に何本入れるのか、インプラントの向きや位置はどうするかなどを踏まえて、できるだけ詳細な治療計画を作成しなくてはなりません。

治療計画の作成が完了したら、患者へと正確に伝えて、お互いが協力しながら治療を行う必要があります。

インプラントの治療費が安い場合には、費用を手間や費用を削っているぶん治療計画が簡易的になっている場合があるので、注意が必要です。

 

歯科医の技術が不足している

インプラント治療は、通常の歯科治療よりも歯科医の技術力が非常に重要になります。

歯科医になるには大学で指定されたカリキュラムを受けるので、必要な知識は身についているはずですが、技術力には個人差があるのが事実です。

実績が豊富な歯科医院であれば、技術力が高い歯科医院が多く在籍している傾向があります。

ホームページには、歯科医の治療実績や経歴などが詳しく記載されている場合もありますので、事前にチェックしておきましょう。

 

医療設備や衛生管理が不十分である

インプラント治療では精密な治療を行う必要があるので、十分な医療設備や衛生管理が必要です。

インプラント治療は細菌感染によって治療が失敗することがあります。

インプラントが脱落してしまうなどのリスクを減らしたいのであれば、医療設備や衛生管理がしっかりとしている歯科医院を選ぶようにしましょう。

 

トラブル発生時の対応が不適切である

トラブル発生時の対応が不適切だと、インプラントが抜け落ちてしまったり、細菌に感染してしまったりするリスクが高くなります。

どんなに歯科医の技術力が高くても、手術中や治療完了後のトラブルは避けられません。

そこであらゆるリスクを予想して、治療を行う必要があります。

トラブルがあったにも関わらず様子を見るだけで対応してもらえない場合には、他の歯科医院で治療を受けましょう。

 

歯科医師と患者のコミュニケーションが不足している

インプラント治療では、歯科医と患者とのコミュニケーション不足によって治療が失敗してしまうリスクがあるので注意が必要です。

治療自体が問題なく終わっても、歯科医と患者との認識のズレがあると納得できない結果になってしまうケースが多くあります。

意思疎通がしっかりとしていれば、お互い納得した状態で治療を行えてトラブルも少なくなるでしょう。

 

インプラント失敗後の対応方法

歯の絵を虫眼鏡でのぞく様子とはてなマーク

インプラント失敗後の対応方法を把握しておくと、被害を最小限に抑えることにつながるでしょう。

インプラント失敗後の対応方法については、以下が挙げられます。

  • セカンドオピニオンで他の歯科医院に相談する
  • 歯科医師会に相談する
  • 国民生活センターに相談する
  • 弁護士に相談する

それぞれの対応方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

セカンドオピニオンで他の歯科医院に相談する

インプラント失敗後の対応方法として、セカンドオピニオンで他の歯科医院に相談する方法が挙げられます。

歯科医院によって、治療方法には得意不得意があるものです。

他の歯科医院に相談すると、治療の成功にもつながるでしょう。

大学病院は設備が充実していて高い技術力を持っている歯科医が多く在籍しているので、おすすめのセカンドオピニオンです。

 

歯科医師会に相談する

各都道府県の地域ごとにある歯科医師会に相談すると、インプラントが失敗してしまった歯科医院に連絡をしてもらえる可能性があります。

歯科医院によっては、歯科医師会からの連絡によって、トラブルへの適切な処置をしてくれるでしょう。

しかし歯科医師会が歯科医院に直接指導するわけではありません。

状況を伝える程度しかできないので、あらかじめ注意が必要です。

 

国民生活センターに相談する

インプラントに失敗したなら、国民生活センターに相談する方法もあります。

国民生活センターとは、国民生活の安定や向上を目的に、国民生活に関する情報提供と調査研究を行っている独立行政法人です。

実際に国民生活センターにインプラントでのクレームが入り、歯科学会や関連している機関に改善を求めるように指示を出すというケースもあります。

通っている歯科医院で少しでもおかしな点があるのであれば、気軽に相談してみてください。

 

弁護士に相談する

インプラント治療に失敗した原因が明らかに歯科医院の過失なら、弁護士に相談しましょう。

弁護士に依頼して訴訟を起こす際にはカルテが必要です。

あらかじめ歯科医院にカルテ開示を依頼しておきましょう。

歯科医院によっては、カルテ開示で印刷代などの費用が必要です。

また弁護士に依頼する際にも費用が発生するので注意してください。

 

インプラント治療が失敗しないための対策

インプラント治療が失敗しないための対策には以下が挙げられます。

  • 実績が豊富な歯科医院を選ぶ
  • 設備が充実している歯科医院を選ぶ
  • 減菌対策がしっかりと行われているか確認する
  • メンテナンスに力を入れているか調べる

それぞれの対策について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

実績が豊富な歯科医院を選ぶ

インプラントを成功させるには、歯科医院の選び方が重要になります。

ぜひ実績が豊富な歯科医院を選ぶようにしてください。

実績が豊富な歯科医院なら、インプラント治療中にトラブルが起きても、適切に対処してもらえるでしょう。

実績が豊富かどうかは、ホームページ・口コミ・評判などから確認できます。

 

設備が充実している歯科医院を選ぶ

インプラント治療では精密な診断が必要不可欠になるので、設備が充実している歯科医院を選ぶようにしましょう。

歯科用CTやレントゲンなどの設備がある歯科医院を選ぶと、インプラント治療のリスクを最小限に抑えることにつながります。

設備は歯科医院のホームページに載っています。

確認できない場合には、電話などで確認をしておきましょう。

 

減菌対策がしっかりと行われているか確認する

インプラントは外科手術を行う必要があるので、減菌対策がしっかりとしている歯科医院を選ぶようにしましょう。

減菌対策がしっかりしていない歯科医院を選んでしまうと、インプラントに細菌が感染するおそれがあります。

細菌に感染すると、インプラント周囲炎になってしまうリスクも高いので注意が必要です。

外科手術をクリーンルームで行っているか、治療に使う器具がしっかりと減菌されているかどうか確認しましょう。

 

メンテナンスに力を入れているか調べる

メンテナンスに力を入れているか調べるのも大切です。

メンテナンスに力を入れている歯科医院を選ぶと、インプラントの寿命を伸ばすことにもつながるでしょう。

定期的にメンテナンスを行えば、インプラントは10年以上も使用できます。

インプラント以外の天然歯についてもメンテナンスを行える歯科医院を選ぶと、口腔環境の悪化を予防できます。

 

インプラントの失敗を予防しよう!

本記事ではインプラントの失敗例について知りたい方に向けて、失敗する理由やインプラント治療が失敗しないための対策を紹介しました。

インプラントの失敗例については、以下が挙げられます。

    • インプラントが細菌に感染する
    • インプラントが固定されない
    • 腫れや痛みの症状が長く続く
    • 人工歯が破損する
    • インプラントの見た目が悪い

インプラント失敗後の対応方法を把握しておくと、被害を最小限に抑えることにもつながります。

今回の記事を参考に、インプラントの失敗を予防しましょう。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:医療法人スマイルパートナーズ 理事長/齋藤和重
『山手歯科クリニック大井町』
住所:東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F

『山手歯科クリニック戸越公園』
住所:東京都品川区戸越5丁目10−18

インプラントは年を取ったらどうなるのか?インプラントの寿命に影響を与えてしまう原因についても解説

インプラントは年を取ったらどうなるのでしょうか。

この記事ではインプラントは年を取ったらどうなるのかについて紹介していきます。

インプラントの寿命は10年以上とされているため、メンテナンスをしっかりと行えば、年を取っても快適な噛み心地を維持できるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、インプラントについての理解を深めてください。

 

インプラントは年を取ったらどうなるのか?

インプラント オール オン 4

インプラントは年を取っても適切なケアを行っていれば、長期間使用することが可能です。

一般的にインプラントの寿命は10年以上とされており、長いあいだ天然歯と同じような噛み心地を維持できます。

インプラントを20年以上経過して使用している方の割合は約7割です。

しかし、一人ひとりの口腔内状態やメンテナンス頻度、ケア方法などによって寿命は違ってきます。

 

インプラントの寿命に影響を与えてしまう原因

アバットメントのトラブル

インプラントの寿命に影響を与えてしまう原因について理解しておくと、インプラントの寿命を伸ばせるでしょう。

具体的にインプラントの寿命に影響を与えてしまう原因には、以下が挙げられます。

  • 技術力が低い歯科医院で治療を受けてしまう
  • 感染症にかかる
  • 歯ぎしりや食いしばりがある
  • インプラント以外の歯がダメになった

それぞれの原因について紹介していきますので、ぜひご確認ください。

 

技術力が低い歯科医院で治療を受けてしまう

技術力が低い歯科医院でインプラント治療を受けてしまうと、インプラントの寿命が短くなってしまうリスクがあります。

インプラント治療費が相場よりも大幅に安いと、治療の工程が省かれたり、カウンセリングや問診がなかったりするかもしれません。

インプラント治療の費用相場は、1本30~50万円です。

1本10万円未満で料金設定している歯科医院は選ばないようにしましょう。

 

感染症にかかる

感染症にかかってしまうと、インプラントの寿命に大きな影響を与えてしまいます。

インプラントの周囲に炎症が起きてしまうのがインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎になってしまうと、インプラントが抜け落ちてしまうリスクが高くなります。

インプラントは外科手術を行う必要があり感染症を引き起こしやすいので、除菌管理が徹底している歯科医院を選ぶようにしましょう。

 

歯ぎしりや食いしばりがある

歯ぎしりや食いしばりを習慣的に行っていると、インプラントに大きな負荷がかかり、寿命が短くなってしまうでしょう。

日常生活で歯ぎしりや食いしばりなどを行ってしまう方は、歯科用マウスピースを着用すれば、インプラントにかかる負荷を軽減できます。

また、力仕事をしている方は無意識に歯を食いしばっている可能性があるので、注意が必要です。

歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある方は、インプラント治療を受ける前に改善しましょう。

 

インプラント以外の歯がダメになった

インプラント周辺の天然歯が虫歯や歯周病になってしまうと、インプラントにも悪影響を与えてしまうリスクがあります。

天然歯が虫歯や歯周病などで抜け落ちてしまうと、インプラントに負荷をかけてしまうのです。

短期間であれば問題なくインプラントを着用できますが、長期間インプラントに負荷をかけてしまうと、抜け落ちてしまうかもしれません。

インプラントはもちろん、天然歯が虫歯や歯周病などになってしまったら、なるべく早く治療を行いましょう。

 

インプラントの平均寿命

インプラントの平均寿命は、口内環境やインプラントの材質・メーカーなどによって異なりますが、10年前後が目安です。

寿命とは、インプラントが自然に外れてしまった状態を指します。

また、インプラントの人工歯部分の消耗が激しい場合についても、寿命だと考えられるでしょう。

 

インプラントの寿命を伸ばす方法

インプラントの寿命を伸ばす方法については、以下が挙げられます。

  • 定期的なメンテナンスを受ける
  • 計画性のあるインプラント治療を受ける
  • インプラントケアを入念に行う
  • タバコを辞める

それぞれの方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

定期的なメンテナンスを受ける

インプラントは治療完了したら終わりではなくて、定期的なメンテナンスを受ける必要があります。

定期的なメンテナンスを行って異変を早期発見すると、インプラントが抜け落ちてしまうリスクを最小限に抑えられるでしょう。

インプラントは神経が通っていないので、周辺に炎症が起きても分かりづらく、症状が悪化してしまう可能性が高くなります。

いつの間にかインプラントがダメになってしまうのを予防するためにも、定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。

 

計画性のあるインプラント治療を受ける

寿命を長くするには、計画性のあるインプラント治療を受ける必要があります。

計画性なく一気にインプラントを入れてしまうと、天然歯にも悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

歯並びや噛み合わせなどを考慮した計画性のあるインプラント治療を行っている歯科医院は、実績が豊富で、良い口コミ・評判が多い傾向があります。

 

インプラントケアを入念に行う

インプラントは、天然歯同様に入念にケアを行う必要があります。

ケアを怠ってしまうと、インプラント周囲炎になってしまうリスクがあるので注意が必要です。

インプラント周囲炎は、インプラント周辺に汚れや細菌が残っていることが主な原因で発生します。

毎日しっかりとブラッシングするのはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用して、歯ブラシで落ちにくい汚れもしっかりと落としましょう。

 

タバコを辞める

普段から喫煙の習慣がある方は、非喫煙者に比べてインプラントと顎の骨が結合する時間が多く必要になるので、治療期間が伸びてしまう可能性があります。

喫煙は虫歯や歯周病になってしまうリスクが高くなってしまうのも事実です。

また、タバコによって歯茎の血管が細くなってしまうと血流も悪くなり、天然歯にも悪影響を与えてしまうリスクがあります。

インプラント治療を受けたいと思っている方は、治療が失敗してしまうリスクを少しでも減らすために、タバコは辞めるのをおすすめします。

 

インプラントのメリット

インプラントのメリットを把握しておくと、治療が自分の要望にあっているかどうか事前に確認することにつながります。

インプラントのメリットは以下の通りです。

  • しっかりと噛める
  • 扱いやすい
  • 他の歯に負担がかからない
  • 顎の骨が痩せにくい

それぞれのメリットについて紹介していきますので、これからインプラント治療を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

しっかりと噛める

インプラントは人工歯根を顎の骨に固定するので、しっかりと噛めるのがメリットです。

入れ歯やブリッジなどは他の天然歯で固定しているので、周囲の歯に負担をかけてしまいます。

しかしインプラントなら周囲の歯に負担がかかりません。

顎に力が伝わり、骨が痩せてしまうリスクも減らせます。

 

扱いやすい

インプラントは、天然歯と同様にメンテナンスを行えるので、扱いやすいのもメリットです。

入れ歯は毎日取り外してケアをする手間が必要で、噛み合わせが変わってしまうなどのデメリットがあります。

しかしインプラントであれば、顎の骨に直接固定されているので、天然歯同様に取り外すことなくケアが可能です。

インプラントは入れ歯に比べて扱いやすいので、治療後はもちろん、老後も余計な手間がかからないでしょう。

 

他の歯に負担がかからない

インプラントは、顎の骨にしっかりと固定されているので、他の歯に負担がかからないメリットが挙げられます。

部分入れ歯やブリッジなどは、ばねをかけて固定するために隣の歯が必要です。

そのため部分入れ歯やブリッジを使っていると健康な歯に負担をかけてしまい、最悪の場合は抜け落ちてしまうリスクもあるでしょう。

「少しでも健康的な歯を多く残したい」と思っている方にもインプラントがおすすめです。

 

顎の骨が痩せにくい

歯を失ってしまうと、噛んだときの力が顎に伝わらなくなるので、顎の骨が痩せてきてしまうリスクがあります。

ブリッジや入れ歯だと顎の骨に力が伝わらなくなるので、顎の骨が痩せてしまい、噛み合わせや歯並びが悪くなってしまう可能性があります。

インプラントであれば、直接人工歯根を埋め込んでダイレクトに力が加わるので、顎の骨が痩せるのを予防できます。

 

インプラントのデメリット

インプラントのデメリットを把握しておくと、インプラント治療前後のギャップを減らせるでしょう。

具体的にインプラントのデメリットについては、以下が挙げられます。

  • 治療費の負担が大きい
  • 外科手術が必要である
  • メンテナスが必要である
  • 治療期間が長い

それぞれのデメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

治療費の負担が大きい

インプラント治療は自由診療なので、治療費は全額自己負担です。

そこで治療費の負担が大きいというデメリットが挙げられます。

保険が適用される入れ歯やブリッジに比べると費用が高くなってしまうので、インプラント治療をためらってしまっている方も多いでしょう。

しかし、インプラントは定期的なメンテナンスと正しいケアを行っていれば、10年以上使用できるとされています。

そのため長期的に見れば、治療は安いと言えるでしょう。

また年間で10万円以上の医療費を支払った場合には、医療費控除が受けられます。

 

外科手術が必要

インプラントは、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要になるというデメリットが挙げられます。

外科手術を行うと、術後一定期間は腫れや痛みが出てしまう可能性があります。

また顎の骨にインプラントを埋め込む際に、細菌に感染してインプラント周囲炎になってしまうリスクがあるのもデメリットです。

外科手術に対する恐怖感がある方は、局所麻酔と「静脈内鎮静法」という麻酔を使用すれば、リラックスしながらインプラント治療を受けられます。

 

メンテナンスが必要

インプラントは、治療が完了したら終わりではなく、定期的にメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠ってしまうと、インプラント周囲炎になったり、周囲の歯に悪影響を与えたりするリスクが高くなってしまいます。

またインプラントの保証を有効にするためには、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠ると不具合があっても追加で治療費が掛かってしまうので注意が必要です。

 

治療期間が長い

インプラント治療は、一般的な歯科治療を行うよりも、治療期間が長いというデメリットが挙げられます。

外科手術を行うのはもちろん、顎の骨に人工歯根を埋め込んで結合させる必要があるので、最低でも2ヶ月以上の治療期間が必要です。

高齢者や顎の骨が薄い方は、6ヶ月以上の治療期間がかかってしまう可能性もあるので確認を行いましょう。

 

インプラントについて理解を深めよう!

今回は、年を取ったらインプラントがどうなるのか知りたい方に向けて、インプラントの寿命に影響を与えてしまう原因やインプラントのメリット・デメリットを紹介しました。

インプラントの寿命に影響を与えてしまう原因については、以下が挙げられます。

  • 技術力が低い歯科医院で治療を受けてしまう
  • 感染症にかかる
  • 歯ぎしりや食いしばりがある
  • インプラント以外の歯がダメになった

また、インプラントのメリットを把握しておくと、治療が自分の要望にあっているかどうか事前に確認できます。

今回の記事を参考に、インプラントについて理解を深めてみてください。

 

東京都品川区YDC審美インプラント治療専門ガイド
監修:医療法人スマイルパートナーズ 理事長/齋藤和重
『山手歯科クリニック大井町』
住所:東京都品川区東大井5丁目25−1 カーサ大井町 1F

『山手歯科クリニック戸越公園』
住所:東京都品川区戸越5丁目10−18