トップへ » 理事長紹介・経歴 » 最新の院内設備 » 歯科用CT Sim Plant

歯科用CT Sim Plant

より安心・確実なインプラントのために、当センターでは最先端CTスキャナー+3D画像診断・ピエゾサージェリー法を導入しております。

シンプラントはCT撮影した画像を用いて骨形成を正確に把握し、インプラント埋入位置の検討を行うことによって安全性と審美性を第一に考えた手術を実現します。

CTとはどういうものでしょうか?

CT断層撮影(Computed Tomography)の略で、X線とコンピュータを使って身体の断面を輪切りの状態(断層画像)で見ることを可能にする装置です。断層画像からは神経の位置、骨の形態、血管等の位置などを確認することができます。

この最先端の技術により、精度の高い3次元画像を撮影することができ、より正確な治療の方向付けが可能となります。通常は大学病院等にCT撮影を依頼しているため、時間と費用がかかりますが、当センターでは最新の高性能歯科用CT scanを導入しておりますので、全てセンター内で行うことができます。

CTscan+Sim Plant(シンプラント)でできること

CTインプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎(あご)の骨の状態を詳しく調べることが重要です。通常のレントゲン撮影では平面でしか見られなかったのですが、CTを使用し、水平・垂直・斜めと見たい断面を自由操作することによって、口腔内の細部までの確認が可能となり、立体的な画像診断ができるようになりました。

インプラント治療でも、より精密な治療を可能にしました。
Sim Plant(シンプラント)で3D構築された画像を見ながら治療の計画を立てることにより、安全で無理のない精密な治療を可能にしました。3Dシュミレーションソフトは、インプラントの位置や角度、また最適なインプラントの種類や大きさを確認でき、最も理想的なインプラント治療を行うために欠かすことができません。他の医院でインプラント治療を断られた方や骨が少ない方でも、この3Dで診断することによってより正確な診断をし、インプラント治療が可能となる場合があります。

ピエゾサージェリー法(Piezosurgery touch)

CTピエゾサージェリー法とは、超音波(ピエゾ)を利用して骨を切削する方法です。骨を切削する場合、通常は骨切削用のドリルを使用しますが、超音波振動を利用することによって骨にインプラントを埋入するための穴の形成が可能です。

インプラント治療において顎骨が著しく減少している患者さまの場合や、上顎洞挙上術や骨移植術などに主に使用します。骨の中や周囲には血管や神経がありますが、この手術用医療機器は、骨にしか反応しないため、これらを傷つけることなく、さらに安全・迅速にインプラント手術を進めることができるようになります。また、骨へのダメージも少ないため治癒も早まります。

日本の歯科の分野では少数の医院しか導入していませんが、アメリカやヨーロッパにおいてはかなり普及している手術器具です。当センターでは、この方法を導入していますので、より安全なインプラント治療をご提供できます。


トップへ » 理事長紹介・経歴 » 最新の院内設備 » 歯科用CT Sim Plant


文字サイズ
を変更する