トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - サイナスグラフトについて

骨移植 - サイナスグラフトについて

サイナスグラフト上顎洞は眼下の顎骨に位置します。

サイナスグラフト上顎洞下の歯の欠損は骨(コツ)吸収を引き起こし、時間とともに上顎洞が骨と歯によって占められていた空間まで拡大していきます。

サイナスグラフトインプラントを不十分な骨に埋入すると、咬合および咀嚼の力に耐えるだけの十分な安定性を得られないためインプラントが動いてしまったり脱落してしまいます。

サイナスグラフトサイナスグラフトは、可能な2つの部分の内1つの仮の開口部から行います。
※下からアプローチする方法をソケットリフト、横からアプローチする方法をサイナスリフトと呼びます。

サイナスグラフト器具により上顎洞粘膜を元の位置に戻し変えます。そして代用骨の埋入し、空間を作り出します。

サイナスグラフトインプラントの埋入を十分に支えるだけの骨が確保されます。

サイナスグラフト時間とともに、インプラント代用骨は治癒していき、強固に結合し、置き換える歯のための安定した基盤を作り出します。


トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - サイナスグラフトについて


文字サイズ
を変更する