トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - ブロック自家骨移植について

骨移植 - ブロック自家骨移植について

ブロック自家骨移植私たちの歯は顎(あご)にしっかりと固定されています。歯根は顎骨を刺激し、骨の自然形状を保ちます。
歯の欠損後、骨はもはや使用されなくなり、すぐに吸収もしくは収縮を始めます。時間とともに多大な骨(コツ)吸収が起こり、顎堤が細かくなっていきます。十分な骨がなくなれば、インプラントを埋入することはできなくなります。

自身の骨を移植し、欠落した部分を再構築する技術が幾つかあります。
一つには下顎枝と呼ばれる顎部分の骨を摘出する技術です。骨は小さなブロック状の形に切り取り、薄くなった顎堤にしっかりと接合します。骨代用品を使い周辺部分を十分に覆うようにします。そして、特殊な被膜を当該部分に被せ、治癒を促進させます。骨がしっかりと成熟したら、インプラントを埋入できるようになります。

他には、オトガイの骨から小さなブロック骨を摘出する技術があります。
特殊ネジを使って顎に骨を固定し、代用骨で周辺部分を満たします。治癒した粘膜がグラフトを覆い、骨が成熟したらインプラントを埋入できるようになります。骨移植は重篤な骨吸収の事例においてもインプラント治療を可能にします。
 


トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - ブロック自家骨移植について


文字サイズ
を変更する