トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - 顎堤の保全について

骨移植 - 顎堤の保全について

ソケットプリザベーション(顎提保存術)
歯を失うと、歯根があった部分に空間ができます。
ソケットプリザベーション
周辺骨は歯根の刺激を受けることがなくなり、すぐに崩壊および収縮を始めます。

骨(コツ)吸収が進行すると...
骨吸収が進行し過ぎると、外見および機能的理由からインプラントを埋入することができなくなります。
ソケットプリザベーション

周辺骨を保護する防止策
自然な顎堤の輪郭を保ち、また将来の治療に備えるために、周辺骨を保護する防止策を取る必要があります。
ソケットプリザベーション
顎堤の保全処置には、特殊な骨代用品を空間に挿入し、十分な領域を満たします。治癒を促進させるための被膜を形状を整えた後に空間部分に被せます。この過程を終わらせるために、空間を縫合して自然治癒過程が始まるようにします。

インプラントを埋入
時間とともに、代用品は吸収されて自らの骨に置き換わります。空白部分が完全に治癒した後、インプラントを埋入します。
ソケットプリザベーション
 


トップへ » はじめての方へ » 骨の量が少ない方へ » 骨移植 - 顎堤の保全について


文字サイズ
を変更する