トップへ » はじめての方へ » 他の治療方法との違い » 「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い

「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い

現在では、歯を失ったときの治療法として「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つの治療方法があります。

インプラント
インプラントブリッジと比べて、両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、入れ歯と比較した場合、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要もないので、残っている健康の歯が長持ちします。噛む力が強く、見た目も天然の歯と遜色ありません。

入れ歯
部分入れ歯両隣の健康な歯をほとんど削らずに済みます。しかし、バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、硬い物が噛めないといったデメリットがあります。

また、異物感が強い上、見た目も悪く、物が挟まって痛い、入れ歯が合わなくて痛いなどのデメリットもあります。

ブリッジ
ブリッジ入れ歯に比べると安定しており、噛む力も回復するため自分の歯に近い噛み心地があります。

しかし、ブリッジを支える両隣の歯を大幅に削る必要があります。また、噛み合わせたとき両隣の歯に負担がかかるため、さらに歯を失っていく原因になります。


トップへ » はじめての方へ » 他の治療方法との違い » 「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い


文字サイズ
を変更する