トップへ » はじめての方へ » インプラントとは » インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット

インプラント治療には多くの長所(メリット)がありますが、その反面幾つかの短所(デメリット)もあります。また、インプラント治療は外科手術を伴うため、「全身的な健康状態」や「骨の状態」など、患者さまが手術可能な状態であるかどうか、より精密な検査で判断いたします。

精密検査後の正しい治療計画に基づき適切な治療を進めることが重要となります。

インプラントの長所(メリット)

限りなく天然歯に近い噛み心地。
従来の治療法に比べ、天然の歯に近い構造を作り出すため、硬い食べ物や粘性のある食べ物もおいしく食べることができ、歯を失う前の活発な生活を取り戻せます。

一本だけから全歯まで治療が可能です。
インプラントは残っている他の歯に負担をかけず、欠損部分だけを補うことができる治療方法です。

入れ歯には無い美しさ。
インプラントは見た目が自然で、入れ歯のような金具が露出した部分がありません。大きな口を開けて笑っても他人に気づかれることはありません。


インプラントの短所(デメリット)

誰にでも適応する治療ではありません。
インプラントは外科手術が必要な治療ですので、重度の歯周病や糖尿病の方などインプラントができないケースがあります。

治療期間と治療費について。
人工歯根と顎(あご)の骨が結合するまでに時間がかかるため、治療完了までの期間が長くなります。また、インプラント治療は自由診療となりますので、100%自己負担となり保険の適用ができません。


トップへ » はじめての方へ » インプラントとは » インプラントのメリットとデメリット


文字サイズ
を変更する