トップへ » はじめての方へ » 治療の流れ

インプラント治療の行い方

インプラント治療インプラント埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し安定します。

インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合します。その後、ヘッド部を装着します。

STEP1 診断と治療計画

診断と治療計画CTやレントゲンなどによる十分な診断の後、インプラント治療に関する説明をいたします。また、模型の型取り・歯石除去なども行います。

※詳細な治療計画は検査結果・CTを基に分析するため、お時間をいただきますので、次回ご来院時に冊子にしてご説明いたします。
下へ

STEP2 インプラント手術

インプラント手術チタン製のインプラントを局所麻酔で顎(あご)の骨の中に埋入します。

オペ当日は消毒や再度口腔内クリーニングを行います。手術時間は約10分~3時間ですが、埋入する本数や骨の状態によって、前後することがあります。

※極端に怖がりな方や長時間の処置の場合は、歯科麻酔専門医による全身管理及び鎮静法を併用することで、処置時のストレスを軽減し、不快感を和らげる円滑な手術も受けられます。(オプション)
下へ

STEP3 インプラントと骨がくっつくのを待ちます

インプラントと骨がくっつくのを待ちますオペ2日~7日後に消毒を行います。抜糸までの間で1回~3回来院していただきます。手術部位の治り具合によって消毒に来ていただく回数が異なります。

次にオペ10日~20日後に抜糸を行います。(※状態により経過観察期間になります。)

経過観察期間について
オペ後、歯が入るまで個人差がありますが、上顎で4ヶ月~6ヶ月、下顎で2ヶ月~5ヶ月、お時間がかかります。

※インプラント体の頭まで埋入したケースでは、STEP4に進む前に歯肉の形を整えるための2次オペが必要となります。
下へ

STEP4 歯の装着とメンテナンス

歯の装着とメンテナンス術後4ヶ月~6ヶ月、上顎に上部構造(セラミックスの被せ物)の型採りをし、型採り後10日~2週間後にセラミックスの歯を装着します。(下顎は術後2ヶ月~5ヶ月です。)1~2週間歯を使用しながら噛み合わせの調整も行います。

インプラントの治療終了後はホームケアが重要です。当センターではお手入れの仕方をしっかりとご案内し、定期的な口腔内チェック・クリーニングをいたします。

インプラントを長持ちさせるためには?

インプラントを長持ちさせるためには?ここまでのSTEPでインプラント治療が終了しました。ここからインプラントを長期に渡って機能させることができるかどうかは患者さま次第です。

毎日の念入りな歯磨き
最も重要なホームケアが歯磨きです。「食べたらすぐ磨く」を心がけ、正しいブラッシングを行いましょう。

定期検診
インプラントには神経がありません。そのため感染が起こっても自覚することができません。グラグラ動いてきたり、膿が出始めて気づくのですが、このような状態にならないためにも定期検診が必要です。

治療終了後は指示に従っていただき、必ず定期検診にお越しください。検診ではインプラントの状態、歯肉の状態、噛み合わせのバランスのチェックなどを確認し、歯科衛生士によるクリーニングを行います。

関連ページリンク

はじめての方へ
セカンドオピニオン当院が選ばれる5つの理由インプラントとは
ALL on4とは他の治療方法との違い治療の流れ
骨の量が少ない方へ症例患者さまの声
医療費控除料金表安心の保証システムよくあるご質問

理事長紹介・経歴
最新の院内設備アクセス・診療時間プライバシーポリシー

インプラントカウンセリングを行います。

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » はじめての方へ » 治療の流れ


文字サイズ
を変更する